珠礼堂

行動力上昇手助け日記

ヘラ台新調

何をするにも作業台というものは必須の道具です。
専用の作業台があるからこそ可能な作業というものが存在します。
和裁にもそれなりの作業台というものが必要です。
今回はそんな和裁の作業台新調のお話です。

和裁で特殊な作業台が必要となるのは生地に印を付けるとき。
身長ほどある長い生地をそのまま置いて印をつけないといけません。
つまり、えらく長い作業台が必要となります。
これは俗にヘラ台という名称で呼ばれています。
ヘラ台の素材として使われるのは木製と紙製のものがあり、
木製は一枚板、紙製は屏風のようなもの。
どちらも買うと高いわけです。
それでいてある程度使うとこんな感じに印の凹みが残って使えなくなるものです。

これはどんなに硬い素材でも避けられません。
だから高いものを買っても買い替えは必要なのです。
だったら安いものを買い替えていった方が作業としてはいいと考えます。
なので金かけずにお手軽に作りましょう。


必要なもの。


合板2センチ
ネル素材の生地
平画鋲
(合板1.5センチ)
(椅子2脚)
(角のクッション材)
(両面テープ)


最安値バージョンなら5000円程度で揃えられます。
上位版はうまくやりくりすれば総額1万5千くらいでいけるでしょう。


まずは最安値バージョンです。

合板をDIYショップで購入。表面に凹凸がすごいものもあるので
そこは品を見定めてください。
凸凹しているの避けましょう。
それを180×55センチで切ってもらいましょう。
角は出したままです。
CIMG0171.jpg

ネル素材の生地は合板を覆えるくらいの大きさのものを用意します。
合板から+片側10センチくらいの大きさで裁断。
端の処理は必要ありません。
CIMG0173.jpg

ネル素材を起毛側が下になるようにして広げます。
その上に合板を置きます。
生地を合板を包むように織り込んでいきます。
固定には平画鋲で押さえていきます。
CIMG0176.jpg
CIMG0177.jpg

ひっくり返してネル生地にシワが出てないか確認します。
これで完成です。
CIMG0178.jpg
作業するときは地面に置く感じでの作業となります。


私は常設の机として兼用するのでここに手を加えていきます。
仮に上位版としましょう。

まず土台となる椅子を2つ用意します。
椅子と書きましたがカラーボックスでもいいし頑丈なダンボールだっていいんです。
必要なのは高さが同じ丈夫な土台を2つということです。

合板は2枚。
中空になるのでその補強とネル生地がたるんで引っ掛けないための2枚重ねです。
薄い方で先程の工程をします。
椅子の上に厚い合板を置きます。
その上にネル生地を張った薄い合板を置きます。
CIMG0180.jpg
CIMG0181.jpg

角が危ないので下の厚い合板の角にクッション剤を貼ります。
両面テープで貼る程度で十分。
CIMG0184.jpg
これで上位版の完成です。

大きいものなので使わないと邪魔でしかないんですが、
実は必須なものだったりします。
素材を軽くしたり、取手をつけてみたりと、片付けやすいように工夫したり
今回書いたものはあくまで最低限のことで、他にも工夫の余地があると思います。
これを基礎として自分の部屋にあったアレンジをしてみるのもいいでしょう。
つか、いい方法があったら教えてほしいです。
身長よりでかい板が部屋を専有しているのはなかなかの圧迫感ですからね。

PC環境の構築

このごろ出費が多く財布が疲弊気味です。
その原因の1つがPC環境です。
けっこう前に中古のノートPCを買ったのですが
それが相性悪く、どう設定を変えても5分もモニターを見ていられないというものでした。
ちなみにこれ。HPのやつ。

ずっとお蔵入りさせていたんですが、先日、物々交換してくださる方がいて、
やっと使える本体が手元に入りました。
そこで改めて周辺機器含めて買い揃えているというわけです。
さて、そんなPC関係のお買い物で色々学べました。
その失敗と今後の思考手段として、文章にして整理してみましょう。

買うにあたってまずやることはこれだなというものが判明しました。
英語の5Wです。
「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どのように」
何かを選ぶとき、これを基本思考に組み込むと答えは案外簡単です。
多くの人が大まかにはやっていることなんですが、意識的にやることが大切です。
ではこれに沿って書いていきましょう。

「いつ」
今回のはセカンドマシンですから使うのは夜間のみ。さほど長くは使いません。

「どこで」
これは自室、出しっぱなしにはできないので出し入れが楽な軽量タイプである必要があります。

「誰が」
私自身。他の人が使うことはありません。
マニアックに攻めても何も問題なしです。

「何を」
最大用途は文書作成です。
高スペックである必要はまったくありません。

「どのように」
先程とかぶります文章を書くのが目的です。
なのでキーボードを打つタッチの感覚を大切にしたいです。

さぁ出揃いました。
つまり「夜だけ」「自分の部屋で」「俺が」「文章を」「作成する」ためのノートPCが必要。
ということになります。
これをするために購入時に重視すべき基準を考えます。
要約すると「キータッチは打った感覚がしっかりあって、出し入れが楽な軽量タイプ」
そこで最初に買ったノートPCを思い出してみます。
最初のはキータッチのみを優先した、テンキー付の超重量級ノートPC
ここは大きな失敗した点です。
仮にモニター問題が無く、使えたとしても
きっと出すのをめんどくさくなってすぐに使わなくなってしまったでしょう。

交換してもらうにあたって、この失敗と先ほどの思考を参考にして再査定。
条件に見合ったので交換していただいたというわけです。
それがこれ。富士通のです。
CIMG0146.jpg
スペックも問題無いし、キータッチは押した感覚がしっかり残るタイプのものでした。
軽さは商品最大の強みとしているものなのでこちらは大満足です。
ただ、不満はやはりあり、テンキーが無いこととカーソルボタンの少なさは犠牲にした部分となりました。
どうしても犠牲にしないといけないものは出てくるものです。ですがそれは補填すればいいこと。
付属部品の充実はスマホではどうにもできない、PCのいい点です。
追加装備として、USB接続のマウスとテンキー。これらを付けるためのUSBハブ。
Wi-Fi無線接続が付いてなかったので無線LAN子機。
マイク付きのヘッドセットも購入。
CIMG0148.jpg

個々は少額でも、一気に集めるとけっこうなお値段。
自転車やカメラもそうですけど、PCも本体だけではやることが限られる。
やりたいことが増えるとパーツが増えるという、これもまた沼の一つです。
沼は辛いですねぇ。あー抜け出したい。けどこの沼が心地いいからまた困り者です。

ソードアート・オンラインVR事件の対処について考察

ソードアート・オンラインの劇場版公開が間近です。
盛り上がり再燃となりつつあるので、以前に書き留めたものを公開しておきましょう。
ちなみに視聴はアニメオンリーの筆者なので、原作にそのことが書かれていも知らんよってことでよしなに。
今回書いたのは、SAOにおけるVR技術に関しての疑問とその妄想です。

劇中では根幹を成す技術があります。
ダイレクトリンクシステム。
人の体神経を遮断し、脳と直接接続するシステムで
それを利用してリアルティある仮想空間で遊ぶ技術とされています。
その端末として頭部装着型デバイス、ナーブギアやアミュスフィアといった装置が登場します。

さて、SAOの作中では、この技術による事件が多く起こりました。
ゲームからのログアウト不可能による長期間昏睡状態。
仮想現実内での監禁、極限状態を体験させる人体実験。
プレイ中のプレイヤー宅への不法侵入と殺害。
世間を震撼させるような大事件が多く発生しておきながら、
この状況に対して国として規制されているような描写は少ないです。
それはなぜでしょう?
ダイレクトリンクシステムそのものの開発中止命令。
端末であるVRヘッドマシンの発売差し止め。
これらの対処が当然あって然るべきものですが、
なぜは国は消極的です。
これは何らかの理由があると考えるしかありません。
何の要因あってのことなのか、大変興味があるところです。
そこで推論を立ててみました。

1.VR技術後進国としての焦り。
これだけの技術がゲームのみであろうと考えるのは無理があります。
つまり軍事目的、転用です。
例えばGPSは元々軍事目的で開発されました。
それが今は一般人が使用できるようになりました。
このように軍事から民間へ、その逆もまた多々あることなのです。
となれば豊富な軍事開発予算で開発を進める諸外国は、
日進月歩の勢いで新たなシステム開発が進むはずです。
これに対して日本が追いつける道理もなく、国家としては焦りが出ることでしょう。
内外経済界からの圧力などで、国家として規制できないような状況という可能性があります。
つまり、VR先進国となり、この分野での優位を狙いたい。
という理由です。

2.技術の転用肥大化。
先ほどの話と関わる部分で、軍事でないにしろ
このVR技術が多くのシステムに組み込まれている可能性です。
作中にはメデュキュボイドという医療特化型ダイレクリンク端末が登場します。
まだ臨床試験中となっていましたが
簡単な手術やリハビリなどでは使われている可能性は大いにあります。
また多くのライフラインなどで、この技術が使用されているとすれば、
今更規制するのは難しく、小手先の規制しか手段がないという可能性もあります。
つまり、今更システム変更は多大な費用と時間を要するのでおいそれと変えられない。
という理由です。

個人的には1の方がメインの理由になりそうに思えます。
これは癒着や利権問題などが大きく関わりそうな素材であるという理由もあります。
但し、そのままでは角が立つので、対外的には2のようなことを理由として言い続けるのでしょう。
つまり、政治的には相当腐敗している、もしくは権力を失っているのではないか。
実は国家としては相当にまずい状況になっているのでないか
そんな考えにも至るのです。

ここらのことが原作に書かれているのか
まぁ、こんなめんどくさい話がけっこうな頻度で織り交ぜられていたら、
きっとSAOはこんなに話題になる作品にはなっていないでしょうけど。
それでもこれらを立証するような言葉は端々にあのかもしれません。
アニメはあくまで極限にまで削ぎ落として出来上がったもの。
原作にある言葉を今度拾ってみたいものです。

節分と恵方巻き

節分も終わり、立春も過ぎました。
いよいよ春近しです。早く暖かくなってくれないと本格的に走れません。
節分は今年も仕事が空いていたので、浅草神社で年男から豆をいただくことに成功。
この年齢になると、年の数だけ食うのは難しくなりましたが、ちびちびと食っております。

CIMG0125.jpg
CIMG0133.jpg
CIMG0142.jpg

さて、そんな節分ですが、このごろきな臭い話題が上がるのがここ数年の常になっています。
やれコンビニでズラリと売れ残ってるあれは無駄じゃないか、
やれ企業の戦略にみんなが踊らされているんじゃないかなど。
そんな風潮著しい近年のブーム恵方巻きはちょっと不憫です。

この話題が出ると考えるんです。
「ホントに悪いのは恵方巻きだけなのか」と。
日持ちがするというだけで豆もさほど差はないのではと思うんです。
そもそも、営利主義と観点からいえば、豆ものり巻きも根本は同じではないかと私は推察しています。
どちらもものを売るためにどうすればいいか、考えた末に導き出したのが寺社との提携だったのではないか。
つまりこれは生産者と寺社とのコラボキャンペーンなのだろうと。
もちろん栄養乏しい古代において、豆の栄養を採取する機会をもうけて、
健やかに生きていくための手段として広めたというものもあるでしょう。
どちらにしても根元にあるのは経済の活性化という活動であると私は考えています。
ただ違ったのは豆は日持ちがするが、海苔巻きは日持ちがあまりしないということだけ。

もちろん、過剰が生産でもいいだろうという理由にはなりません。
その点はまったくの別話です。
ですが、発祥の推察をすると、恵方巻きを悪習とするのもまた別であるとも思うのです。
悪を断罪するのではなく、そこからどうすればいいのか、
状況からの改善は実は根元の中にあるということもあります。
恵方巻きのあり方、節分のあり方を
今の世界にあわせて変えていくのもまた、風習祭事のいいところだと思っています。

初詣

新年明けましておめっとさんです。
大晦日にコミケがあると、年が変わったという実感があまり沸かず、
元旦も普通の3連休と大して変わらない気持ちです。
そんな意識をリセットするために初詣は大切なものです。
私は浅草神社への参拝を毎年の恒例としていて、基本、元旦1日の午前中参拝をしています。
この時間が1番空いてる感じがするんですよね。
今年は非常に暖かく、日差しもあったので思った以上に人が多かった印象でした。

CIMG0051.jpg

そしてそのままついでに浅草寺へも参拝。
多くの人浅草の初詣といえば浅草寺に参拝なんですが、私はまずは浅草神社へ。
そのあとに浅草寺という流れにしています。
なんだかんだでお世話になっているのは浅草神社の方が多いですからね。
CIMG0059.jpg

にしても宗教が違うのに、初詣というものは神社でも寺でもどちらでもということ。
明確にどちらの祭事であるというのが無いのは実に日本らしいところのように思えます。
とにかくお参りをすればいいという、重きがどこにあるのか、よくわからないところです。
こんな国は他にあるんでしょうか?
思うに、初詣は神や仏に頼みごとをするものではなく、
目標を表明することで、この一年をそれに向けて生きていくという、
確認するための行動なのかもしれません。

みなさんは今年、どう生きていきますと表明しましたか?
どうしたいと思いましたか?
今年一年がそんな願いがかなうように動くといい人生になるのかもしれません。
目標に対しての行動計画、その一歩としての初詣。
まずは近所でも神社に行って考えるといいかもしれません。

にしても日本ってほんと宗教に寛容というか無頓着というか。
浅草雷門のすぐ前にこの看板ですからね。
他の国でやったら殺されると思います。
CIMG0063.jpg

«  | HOME |  »

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks