FC2ブログ

珠礼堂

行動力上昇手助け日記

シマノのリュック U-6

ロングライド心得
「荷物は自分で持つな、フレームに持たせろ。」
とはいえ、それでも限界があります。
流行りの大型サドルバックを付けても
走る距離、日数によって多くの荷物が必要となります。
なので最低限の荷物を持つバッグが必要だろうと考えました。
ということで小型のリュック。
シマノのU-6
今より一世代前のモデルをヤフオクで買いました。
そして先日、自宅から大洗の往復200キロで使用してみたのでそのレビューです。

さて、このU-6最大のポイント。
ライダーフィットクロスハーネスです。
背負うとちょうど胸の部分がクロスするように固定します。
腹の体幹がハーネスでジャマされることなくしっかり固定できるのは
まさに自転車のためのリュックと言えるでしょう。
使ってみた印象は固定方法が肩だと思っていたのが
実は脇の下で固定する感じであるということ。
動かない肋骨部分に沿うような固定感です。
なので肩への負担はほとんどありません。
容量も少ないのでリュックいっぱいに物を入れたとしても
たぶん身体への負担は他より相当低く感じられるはずです。
IMG_20181118_191350.jpg
IMG_20181118_191344.jpg

で、実際200キロという距離を走ったわけですが、
「なんとしてでもフレームに荷物を載せよう。」
というのが総括です。
どんなに軽量であろうと体にウェイトを乗せれば疲労は大きくなるものです。
固定感とかそういう問題ではなかったわけです。
大型サドルバッグ、ハンドルバッグ、トップチューブバッグ。
最低限の荷物を構築して、なんとしてもフレームに載せきる方法を考えた方がいいです。
もしかするとトータルの重量はリュックより増えるかもしれまん。
けどその負担はすべてフレームが受け持ってくれます。

このリュックが悪いわけではないんです。
むしろフィット感は素晴らしく、動きが制限されることもない。
背負っている違和感も無いんです。
それとは別問題として、ロングライドをする時には
自分で荷物を持つべきではないということです。
もし、自分で荷物を背負うことに何の負担も感じないという方であれば
このリュックはオススメです。
きっと他のメーカーとの大きな違いを感じられるでしょう。
ただ、やはり今回のの実働の教訓はこれということです。
「楽に走りたければ体には服以外のものを持たせるな。」

スポンサーサイト



 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks