FC2ブログ

珠礼堂

行動力上昇手助け日記

つきじ獅子祭 復活船渡御

いろいろな意味合いでホットになってるスポット、築地。
もうそろそろ落ち着く予定、落ち着いてほしい予定ですが
まぁほんと、どうしたらよかったんでしょうね。
色々あるけれど、築地波除神社は今回も盛大に大祭です。

魚市場がある町で働く地元の人達があげる神輿は
いつもながら盛り上がります。
ここは他とは違った時間帯で働く人達が多い街なので
大祭の日程も他とは違います。
メインの宮神輿渡御は土曜に行われ、
その前日、金曜にも夕方から神輿が出ます。
そんな金曜、今回、江戸時代に行われた船渡御が復活となりました。
実は船渡御が行われると知ったのは前々日。
情報が入ってほんとよかったです。
 DSC06530.jpg
DSC06552.jpg

絶えて100年以上経ってる船渡御。
生きている人で知る人もおらず、資料もどれだけ残っていたのでしょう。
そんな中での復活です。
とはいえ、他のところと違って築地は日々荷降ろしする船着き場もあるので
船に乗せるのはクレーンで一発、楽ではあります。
DSC06633.jpg
 DSC06732.jpg
DSC06746.jpg

それにしても江戸時代の船渡御ってどんなんだったんでしょうね。
今はフラットなイカダ船があるけど
当時はそんなのなかっただろうし、特別にイカダを作ったんでしょうか。
それとも大きな船を海から川に入れたんでしょうか。
もしかすると船渡御というのは言葉だけで
河に担ぎながら入るというものだったりしたのかも。
そもそも、今の整備された河でイメージするのが違っているのかも。
こういう復活されるものがあると、当時のことに想像が膨らみます。
DSC06871.jpg 
DSC06852.jpg
DSC06869.jpg

東京は川の街、入り組んた川の道が今でも健在です。
その川を再認識するため意味でも、
船渡御はもっとほかの神社でも復活してほしい祭事です。
そうすればまた違った祭りの絵が見えるかもしれません。
そして川の活用法が新たに生まれるかもしれません。
今回のつきじ獅子祭での船渡御も、もしかすると、
数年後に築地から出た神輿が
豊洲に向けて船渡御をして、
陸に上がって魚市場にということを考えてなのかも。
そんな未来も見てみたいです。
DSC06971.jpg



スポンサーサイト

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks