FC2ブログ

珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・銀河英雄伝説の戦闘描写について

新しい銀河英雄伝説、始まりましたね。
どうですか?
なるほどですか?
こうきたかですか?
ファースト信奉者の私にはちょっと無理でした。
なるほど、これが地球教徒の心情なのですかってかんじです。 

何が無理だったか。
そもそも銀英伝には3つの柱があると私は思っています。
戦闘、政治、キャラ
これらがバランスよく配されていることで多くのファンを獲得しているのではないでしょうか。
今回のはその中で、キャラに大きく比重を傾けているように感じています。
それはまぁいいんですよ。
このご時世ですし、ファン獲得にはそれが当然だと思います。
私もそこはさほど嫌悪感があったわけではないですし、
これは今後見慣れていくものだとも思っているので。

では何が辛かったか。
戦闘です。
1つめは解説に必須である戦況画面。
帝国、同盟双方の指揮官が見ていたモニター画面です。
これが非常に分かりづらい。

例えば、アスターテ戦役での帝国軍側から見て中央突破するところ
vlcsnap-2018-04-23-17h12m45s950.jpg 
こちらが前作
こちらが新作

例えば、同じくアスターテ戦役での同盟軍側から蛇の尻尾噛み。
vlcsnap-2018-04-23-17h13m39s761.jpg 
こちらが前作
vlcsnap-2018-04-23-17h18m16s824.jpg
こちらは新作

以前のは戦術の基礎概念がなくとも、戦況画面で大まかな状況がよくわかったんです。
ですが今回、リアルを追求しすぎてその戦況図がすっごく分かりづらいです。
3D立体図、細かな数字の付随、敵味方の色分けの弱さ。
どれも情報過多になってしまっています。
そもそも戦闘指揮官に見せるべき展開図ではないですよね。
もっと簡略化して、指揮官に伝えなければ
読み取りに時間がかかって指揮の遅延にもつながります。


この点でよかった例としてガールズ&パンツァー劇場版を挙げましょう。
大学選抜側で島田愛莉鈴隊長が小隊展開を支持するのにタブレットでルートを引きました。
あれで現在の配置と、これからの行動展開がわかりやすくなり
その後の戦闘描写がすんなり入ってきました。
vlcsnap-2018-04-23-17h26m34s422.jpg 
vlcsnap-2018-04-23-17h24m13s675.jpg
vlcsnap-2018-04-23-17h26m53s018.jpg
つまり簡略化することで見る側への説明を一瞬で完了させないと
戦闘シーンがもたつくことになってしまいます。
リアルの追求はいいんですが、それゆえに情報を多くしてはいけません。

もう1つが宇宙空間描写です。
船体の色とデザインのせいか、非常に見えづらい。
特に同盟軍の船体はどんなのか、未だ把握できていません。

こちらが前作、船体の輪郭がわかります。
vlcsnap-2018-04-23-17h21m00s801.jpg 
こちらが新作、船体のライトでかろうじて戦艦がぼんやりと把握できる感じです。
vlcsnap-2018-04-23-17h15m42s082.jpg

なんであんなにゴテゴテのブロック船体デザインになってしまったのやら。
配色も宇宙空間の色に栄えず、行動そのものがわからなくなっています。
ここもリアルを優先した結果なのでしょう。
とにかくも戦闘シーンそのものが「え?砲撃しているの?わかんねーよ」と
船体が宇宙に沈み込んでしまっています。

この点でのよい例は機動戦士ガンダム逆襲のシャアです。
今作ではリアルの空間とコクピットモニターとで宇宙の色を違えています。
これはカメラで捉えた画像を処理してパイロットの視覚情報を簡略化しているという設定にしていて
コクピットから見た宇宙は非常に明るいものにしているというものでした。

実宇宙空間はひどく暗く、ゆえにモビルスーツのバーニアの光がよく栄えます。
vlcsnap-2018-04-23-17h53m11s824.jpg
こちらはコクピットから。全体に青みを付け、
星も密集処理されて自分の位置を把握しやすくさせています。
vlcsnap-2018-04-23-17h53m24s865.jpg

ここまでとは言わずとも、船体の判別でできないのでは
現在の戦闘がどうなっていのか
どちらが優勢なのかというのが分からない描写が多かったように感じています。

このように2つの例から、今作に足りないのはアニメらしいわかりやすさの欠如と言えるでしょう。
リアルを追求するのは良しとしても、
それでもアニメらしいハッタリのある空想的映像技術というのは絶対必要なものです。
この点が今回の銀英伝では中途半端になっしまっています。
戦闘展開を知っているもの知らないものとに差が出始めると
戦闘といらない銀英伝という風潮になりかねません。
それこそがキャラ重視の結果とも言えるかもしれませんが
私はそこは蔑ろにしてはいけない部分であり、最も重きを置けとは言わずとも
比重は少し多めにして欲しいと願うところです。



スポンサーサイト

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。