珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンラインVR事件の対処について考察

ソードアート・オンラインの劇場版公開が間近です。
盛り上がり再燃となりつつあるので、以前に書き留めたものを公開しておきましょう。
ちなみに視聴はアニメオンリーの筆者なので、原作にそのことが書かれていも知らんよってことでよしなに。
今回書いたのは、SAOにおけるVR技術に関しての疑問とその妄想です。

劇中では根幹を成す技術があります。
ダイレクトリンクシステム。
人の体神経を遮断し、脳と直接接続するシステムで
それを利用してリアルティある仮想空間で遊ぶ技術とされています。
その端末として頭部装着型デバイス、ナーブギアやアミュスフィアといった装置が登場します。

さて、SAOの作中では、この技術による事件が多く起こりました。
ゲームからのログアウト不可能による長期間昏睡状態。
仮想現実内での監禁、極限状態を体験させる人体実験。
プレイ中のプレイヤー宅への不法侵入と殺害。
世間を震撼させるような大事件が多く発生しておきながら、
この状況に対して国として規制されているような描写は少ないです。
それはなぜでしょう?
ダイレクトリンクシステムそのものの開発中止命令。
端末であるVRヘッドマシンの発売差し止め。
これらの対処が当然あって然るべきものですが、
なぜは国は消極的です。
これは何らかの理由があると考えるしかありません。
何の要因あってのことなのか、大変興味があるところです。
そこで推論を立ててみました。

1.VR技術後進国としての焦り。
これだけの技術がゲームのみであろうと考えるのは無理があります。
つまり軍事目的、転用です。
例えばGPSは元々軍事目的で開発されました。
それが今は一般人が使用できるようになりました。
このように軍事から民間へ、その逆もまた多々あることなのです。
となれば豊富な軍事開発予算で開発を進める諸外国は、
日進月歩の勢いで新たなシステム開発が進むはずです。
これに対して日本が追いつける道理もなく、国家としては焦りが出ることでしょう。
内外経済界からの圧力などで、国家として規制できないような状況という可能性があります。
つまり、VR先進国となり、この分野での優位を狙いたい。
という理由です。

2.技術の転用肥大化。
先ほどの話と関わる部分で、軍事でないにしろ
このVR技術が多くのシステムに組み込まれている可能性です。
作中にはメデュキュボイドという医療特化型ダイレクリンク端末が登場します。
まだ臨床試験中となっていましたが
簡単な手術やリハビリなどでは使われている可能性は大いにあります。
また多くのライフラインなどで、この技術が使用されているとすれば、
今更規制するのは難しく、小手先の規制しか手段がないという可能性もあります。
つまり、今更システム変更は多大な費用と時間を要するのでおいそれと変えられない。
という理由です。

個人的には1の方がメインの理由になりそうに思えます。
これは癒着や利権問題などが大きく関わりそうな素材であるという理由もあります。
但し、そのままでは角が立つので、対外的には2のようなことを理由として言い続けるのでしょう。
つまり、政治的には相当腐敗している、もしくは権力を失っているのではないか。
実は国家としては相当にまずい状況になっているのでないか
そんな考えにも至るのです。

ここらのことが原作に書かれているのか
まぁ、こんなめんどくさい話がけっこうな頻度で織り交ぜられていたら、
きっとSAOはこんなに話題になる作品にはなっていないでしょうけど。
それでもこれらを立証するような言葉は端々にあのかもしれません。
アニメはあくまで極限にまで削ぎ落として出来上がったもの。
原作にある言葉を今度拾ってみたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。