珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、箱根峠(往復)


三社も終わったので、体力の消費を気にせずチャレンジサイクリングができます。
ということで昨日は箱根峠往復チャレンジ。
今までは神奈川県小田原から箱根峠を登って芦ノ湖までが最大到達点でした。
今回はそこから反対側を下って静岡県三島まで。
Uターンしてまた芦ノ湖、そして小田原に戻るへという
箱根峠を二回登れるかチャレンジでした。

クランクを交換したので、コンパクトクランクがどこまで恩恵をもたらすか。
そこも今回の目的の一つだったのですが、
ギアが小さくなった分、大分体力を温存して走ることができます。
以前は箱根最高点から芦ノ湖へ行くのが怖かったのですが
今回は相当の余裕を持って登り切ることができました。
また、しなりが以前とくらべて全く感じないので
上位コンポーネントは凄いものだと感じ入りました。
やはり凄いぜアルテグラ。

さて、下ってどこまで行くかと思案したんですが
近くに三嶋神社というのがあるとのことで、そこを折り返し地点に定めます。
本殿は消失などもあって江戸期に作られたものだとか
重要文化財指定ですけど、たしかにちょっと新し目の屋根の形状です。
そして本殿がでかい。どうやら出雲大社の次ほどの大きさなんだとか。
アレもホントでかかったもんなぁ。
本殿の前に舞殿があるのを見たのは、鶴岡八幡宮につづいて2箇所目。
ここも面白いところです。初詣の誘導とかどうなるんだろ。
CIMG5308.jpg

CIMG5310.jpg
CIMG5313.jpg

参拝後、折り返しての三島-芦ノ湖間は反対側に比べたら雲泥の楽さ。
同じ箱根峠なのに話題に出ない理由がよくわかりました。
体力は落ちて速度は上げられませんが、
何の心配無く登ることができました。
小田原口もこれくらいの緩やかさだったらいいのに。
なんであんなに起伏激しいのやら。
箱根新道を自転車でも走れるようにしてください。
ということで、基礎体力の問題はあれど概ね満足のチャレンジでした。
今回は箱根峠オンリーですが、目的はこの先です。
ここを楽にクリアできるようになればもっと先へ進めます。
そのために速さではなく慣れで登れるよう、当分坂錬として走るようにしたいです。
CIMG5301.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。