珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2013三社祭]総括

では総括として
御霊戻しの儀の時にも書きましたが
最初と最後が雨という、普通の担ぎ手にとっては実被害が低かった今年
色々な面で苦労したのは奉賛会や新門さんなど裏方であったろうこと
つくづく感じました。
そう思わせるのは今年のことで漏れ聞こえてた色んなところからの圧力
その対話の苦労が偲ばれます。

あと気になってるのが新門辰五郎さん。
今回表舞台からいっそう引く感じが強くなってる印象でした。
辰五郎の名前って終身制でしたっけ?
生前襲名制であればもうそろそろ礼二郎さんに受け継がれるのかも。
もしそうなったらあの恫喝が聞こえなくなるのが寂しいと感じる人が多いことでしょうね。
けど早く礼二郎さんの辰五郎も見てみたいところです。

さて、本社渡御に関してですけど
今年のテーマは「行ってなかった町会」でした。
今までの定番であった場所をあえてパスすることで
何かが見えてくるのかもという思いでやってみました。
その結果感じたのは「各地域部による特色の違い」
観光中心地がある南部は「血気盛んの度合いが強く一番暴れてる感じ」
一番の広域をカバーする西部は「同好会との一触即発な仕切りがあり危うさを漂わせてる」
住宅地の多い東部は「親しみと安定度」
大小あれどそれぞれによって全体的な特色があるように感じました。

あと自らに課した枷として「随伴は2町会まで」としました。
これは体力、気力の面からそれ以上連続で追っても無駄になると感じたからです。
2町会追ったらそこで一旦移動か休憩というのを入れてみました。
結果、いつもより少なくはなったようですけど
余力がある感じでした。
これは全日程でも宵宮を避けたこともよかったのかなって。
3日間全力とか無理ですから。

というところで今年の三社祭これにて終いです。
次回に向けての目標は
「1町会の最初から最後まで」とか
「カメラからの卒業、担ぎ手へ」とか
「浅草神社では何が起きているのか」とか
ちょっとコアな部分もやってみたいですね。
自分が面白くできるかは別になってしまいそうだけど。
あとは毎年のぼやきですけど担ぎたいっていうのはやはり夢です。
それはそれとして、また来年向けてよしなに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。