珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三社神輿舟渡御

57年途絶えた祭事
隅田川を神輿を舟に乗せて渡御させるという
三社祭舟渡御ががとうとう復活を果たしました。
三社祭斎行700年という節目年を記念しての復活です。
毎年行われていた堂上げ・堂下げに組み込む形で行われた今回
前日の堂上げには中村勘九郎丈・七之助丈の奉納歌舞伎もやったんですけど
雨に負けました。
堂上げは今後も続くけど奉納歌舞伎は絶対無いはずなんで
そこは自分の弱さがもう情けない。

さて、その翌日日曜もあいにくの曇時々雨という悪天候。
仕事もあり、行けたのは堂下げの四十四ケ町移御も終盤。
なんとか舟渡御には間に合ったというほど。

120318-02.jpg
120318-03.jpg
120318-04.jpg

ずっと工事をしていた言問橋袂のスロープから下ろして船着場へ
明らかにスロープから神輿の棒がはみ出す状況で頑張って下ろすのは
見ててホントヒヤヒヤさせられました。
それもスイッチバックでというのは大変です。
そして舟へ。
120318-05.jpg
120318-06.jpg
120318-07.jpg
120318-08.jpg

昔は舟1つに神輿1基というものだったそうですけど
今はタグボートに引かれて作業船をつなぎあわせたものの上に乗せるというもの。
遠くからでもこれなら見やすいかな。
120318-10.jpg
120318-11.jpg
120318-12.jpg
120318-13.jpg
120318-14.jpg
120318-15.jpg
120318-16.jpg

桜橋から両国橋までの往復1時間。
断続的に降っていた雨も驚くほど止んで
駒形橋袂の停留所から降りるととたんに降りだすという
さすが水にゆかりある神様という感じがしました。
120318-17.jpg
120318-18.jpg

そんな感じで船渡御も無事斎行されました。
堂上げ、堂下げだけではどうあにも知名度が低く
そんな中での今回の舟渡御はすばらしいアピールになったように思います。
来年もやるのか。それとも記念祭事として今回限りなのか
いずれにしても荒々しい三社祭とは違った緩やかでみんな楽に見られる祭事
けっこう面白かったです。

ちなみに最後の宮入りはまたも大雨で逃げました。
今の時期の雨は風邪の誘発が恐ろしい。
このごろイベント関係に気持ちが入ってないぞ俺、頑張れ俺。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。