珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかたで銀ぶら2011

銀座はもっとくだけていい町にしていいと思います。
なので今回銀座一帯で行われた「ゆかたで銀ぶら2011」というのは
着物至上主義な意識を変えるのにもいい効果なのではないか。
そして現在の節電と暑さ対策というあえて好機といえる状況を
もっと活かせることができれば浴衣は湯上りものから
今まで以上に一歩を出せるものではないか。
もう浴衣を町で見てもやれ今日は花火か?などというものも無くなる
そんなことが起きればいいなと思うんです。

さて、話がまったく別方向でしたが
歩行者天国内はいっぱいの男女浴衣。
今まででもこういったイベントもありましたが
貰えたりするものの多さは今までで最大だったかもしれません。
先ほどの軽装ブームもあって浴衣への興味も多く
無料の着付けも相当の混み合いぶり
初めての和装が多かった証拠といえるでしょう。
天候はちょっと微妙ではありましたが概ね降らずだったのは
むしろ真夏の暑さでなかった分、出歩く意思への後押しになったかもしれません。
110801-2.jpg
あれだけ多くの浴衣を見てると面白いのは着付けぶり
襟はきっちりしているんだけど、実は裾の背中心が思いっきり側面近くまでいったりと
着付けの難しさと気を付けないといけない部分がよく分かりました。
意外に見落としますからね。

あとはこういったことに業界として何をすべきなのか
どうすれば毎年買うような意識へもっていけるか
数寄者になっていくと浴衣を毎年買う人も多くなります。
そこから着物へと発展する。
実は長いスパンで和装を育てる必要があることをしっかり認識していき
多くの着る機会を作ることに趣を置いてくれればと思うばかりです。


個人的お話も少し。
自分でもうダメなんだなって思ったのが
多くの浴衣姿の人を見てて着たいという気持ちが皆無で
あの柄縫いたいとか、柄合わせ大変そうとか
そんな気持ちしか出てこなかったこと。
浴衣は見ていて楽しいけど、他の人とはもう意識を共有できないのではという思いが強かった
そんな自分がなんだか悲しくなりました。
本末転倒じゃないですか。
誰も縫わせてくれなくて、けど縫いたい。
私が縫いたいのは友人になんです。
知らない人なんかに縫うつもりなんてありません。
Mixiで着物の人ともそれなりに出会いはしましたが
誰一人として縫ってなんてことを言ってはくれませんでした。
むしろイヤと言われたショックで自分の中ではすべて終わってしまったのかもしれません。
モチベーションも落ちるばかり。
何やってるんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。