珠礼堂

行動力上昇手助け日記

八部衆・ザ・ワールド

平日で雨ともなれば大丈夫かと思ったんですけど
やはり50分待ちという大盛況ぶりでした。
上野の東京国立博物館平成館で開催中です。
阿修羅展
京都興福寺所蔵の仏像などを展示
今回の目玉はなんといっても八部衆の阿修羅像
雑誌の表紙を飾ったり、海洋堂が制作したフィギュアが速攻完売したなど話題になっていました。
個人的にも非常に特徴がある、興味深い仏像なので
ホントは八部衆勢揃いの時に行きたかったんですけど
ここまで先延ばしになってしまい、最終週となる前にと思い行ってきました。
090529-1.jpg
冒頭でも書いてある通り
午後から行ったんですけど平日雨天なのに50分待ち
やはり人気は伊達ではありません。
まぁ実際20分ほどでしたけど。

内部もさすがの混みよう。
特に阿修羅像に関してはぐるりと全周から見えるように中心に置かれていたのですが
それを取り囲む人の波。
さしずめ1脚争奪の100人椅子取り合戦の様相。
あれほどになるとはさすがに驚きでした。

この阿修羅展は6月7日まで
最終週の混雑を見越して午後8時までの延長開館となるそうです。
行くのであればこのナイトタイムを活用した時間の方が幾分楽になるかもしれません。


さて、余談の昔話もちょっと書いておきます。
今回のように八部衆や阿修羅などのキーワードだと
この阿修羅像が真っ先に浮かぶことでしょう。
ですがある一部の年齢、30歳前半かな?
アニオタやマンガオタの場合また違ったものが出てくる人も多いと思うのですが……。
天空戦記シュラトとCLAMP先生の聖伝
この2つのキーワードが出てくる人もそう少なくはないと思いたいのですが。
私と同年代は特に共感するところもあってほしいところ。
実際、これを外すことはできません。
どちらもトルーパーあたりから同人などに手を染めた人が流れた通過点。
私の腐海には今も数冊埋もれているはずです。

これらが私にとっての仏教というジャンル開花の原因なのでして。
これらの作品熱から仏教の相関関係を調べ、法具を調べ、梵字の意味を調べ
名前の由来を調べるなど、今の仏像好きとなる根幹を作り上げたものと言えます。
なので今回のこの展示は私にとっての基礎となったものの展示であり
是非見ておきたいものであったわけです。


こういった機会があるのは東京という都市部の強さとも言えるでしょう。
昔はご開帳という寺の資金集めとしてやっていた行事
今では全国の仏像があちらから来てくれるという幸運。
ライトアップもされ、裏側も見られるのはやはり嬉しいところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jureidou.blog21.fc2.com/tb.php/1302-24f9f81d

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks