珠礼堂

行動力上昇手助け日記

こだまの木綿市

以前木綿着物の問題点という感じで書かせていただいたことがありますが
その中で呉服店の取扱ということを書きました。
そんな問題点の中でがんばっているのが宮崎にある染織こだまさん /
そんなこだまさんが木綿展という形で
都内での限定販売会を11日から16日まで開催しています。

西荻窪にあるGallery MADOという
小さな古民家ギャラリーなんですけど中には反物の山がどっさりで
ほぼすべて木綿生地というのはいつもと違った風合いがあり
魅力的な品が山盛りとなっています。
090212-5.jpg
このイベントで特筆したいのが各地方の綿生地が取りそろえているところで
片貝木綿をはじめ、出羽木綿、館林木綿、伊勢木綿、久留米絣、薩摩絣など
これだけの綿素材が一度に見られる機会というのはあまり無いことでしょう。
店舗でも1.2反があればというご時世ですし
さわり心地の差や織りの差なども見比べられるのは最適です。
090212-4.jpg
ちょっと早い感じもありますが綿麻や麻素材なんかも売られていて
これまた他では見られないようなものが多く
思わず手を出しそうで危険な状態でした。
私はこれ以上夏ものとか増やしても着る機会がという
あえてそういうブレーキをかけました。
今はちょっと後悔してたりも………。
090212-3.jpg
数に限りがあるのは仕方なく、
見ている間にも飛ぶように売れていき、店員さんも大変な状況。
それでもまだ出していない在庫もまだまだあるそうなので
人をかき分け、反物を広げまくって、自分の逸品を探すことができると思います。
他の呉服店だと店員さんが広げてという感じもありませんし
存分に自分の目で確かめられます。
そこで改めて木綿生地の楽しみを知ることが出来ることでしょう。

普段着ものとして化繊などではない
肌への優しさがある木綿生地、色もよく目にするものとはまた違った感覚があり
別の方面として差をつけるアイテムとしても面白いかもしれません。
そしてなにより洗える着物を手に入れるとまた
着物の違った楽しみを知ることができるはずですので
是非今回の機会は活用してみてほしいですね。


----------------------------------


最初で最後![もやしもん]原画プレゼント
本誌に応募券が付いてての応募だったかな。
画像にあるのが一番人気というのは確定でしょうね。次はオリゼーかな。
立て看板の裏に書かれているのが裏もレアだからいいかも。
個人的には及川かハートマンオリゼーかな。

東尋坊で保護される自殺志願者  「ものすごいペース」で増加
サークル東尋坊、最後尾看板を持ちつつ
前後になった人との一時の語りをして
自殺は一人一限で。
冗談はともかく、自殺は普通の死よりもえらく周りに迷惑をかけます。
死んだらそれで終わりだけど、残される人はもっと辛い人生を送ることになります。
その重荷を負わせることを思い出してほしいところです。
あなたが自殺しなければ事は無しです。

ついに同人の萌え米「東方あきた小町」が誕生、同人イベントの例大祭にて発売
これはオフィシャルというわけでも無いんですか?
とうとう個人で米まで販売とは。
オンリーだからなんとかという感じもしますが
コミケやサンクリだとやはりダメということになりそうですよね。
チョコとかはあるけど米はなー。
今度これも話に出そうな予感がします。
にしても持って帰るのがひどくめんどくさそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jureidou.blog21.fc2.com/tb.php/1180-73f0802a

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks