珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十年一度の大わらじ

らくごまつりに行く予定が思った以上に時間を要したのでパス。
あと急な眠気に襲われたんで。
そんなに疲れているという感じではなかたんだけどなー。

宝蔵門裏手に回るとそりぁ大きなわらじがズドーンと掲げられています。
直進すれば気が付かないくせに異常なほどの存在感がある
1つの名物と言っていいでしょう。
けど今日はありません。
ある意味一番レアが風景とも言えるかもしれません。
081026-1.jpg

今日は浅草大観光祭にして大開帳の呼び物
大わらじ奉納祭が行われました。
081026-02.jpg
ここに掲げられている大わらじは山形県村山市からの奉納物でして
10年に一度、作り替えて掛け変えられるものなのです。
素材は天然の稲穂ですからね。
年が経つとそれなりの腐敗も進む有限のもの。
それでも屋根有りとはいえ
野外で10年持つというのも驚異ではありますけど。

伝法院から雷門、仲見世を通る奉納行列をしてまわったわけですが
いつもは掲げられているものが地上に降りるとそりぁでかいと感じるものでして
持ち上げる人たちも所々で休憩を挟まないとさすがに辛いものだったようです。
081026-04.jpg
081026-05.jpg
081026-08.jpg
081026-09.jpg
ちなみに担いでいるのは村山市の方たちだそうで
このためにバス10台、800名近い人たちでの大遠征軍だったそうです。
半纏の年期は凄まじいものでした。
081026-10.jpg
081026-13.jpg
081026-07.jpg
宝蔵門では奉納式として祭礼や市長などの挨拶もしたわけですけど
一般参加では撮影もままならず。
観光連盟の半纏着ている方々がうらやましいです。
081026-15.jpg
081026-16.jpg
081026-17.jpg
この大わらじ、昭和16年から始められ、今回ので7代目だとのことで
今でも脈々と続くありがたいものだったりします。
これの制作には2年も掛かるそうで
専用に特別長い稲穂を作るところから始めないといけないんだとか
たしかにこれだけのものを作るとなるとそういうものも特別に作らないとダメでしょう。
081026-18.jpg
081026-19.jpg
今回のこの奉納を契機に村山市と台東区が親善締結をしたそうで
むしろそういうことをしていなかったんだという程
それもあって来月かに浅草寺境内で物産展の予定もしているんだとか
せっかくの広場ですし、色々と活用の場が広がるのはいいことです。
081026-20.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jureidou.blog21.fc2.com/tb.php/1095-c5cc5cd4

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。