珠礼堂

行動力上昇手助け日記

上田ー軽井沢ー高崎ルート。

今日は何回、救急車の音を聞きましたか?
que-14174664644.png 
三連休、まだまだ暑さが厳しいようなので、
救急車のお世話にならないよう自己防衛を。

さて、暑くたって頑張って走ります。
だって晴れてるんですもん。もったいないじゃないですか。
失敗続きの江戸川から高崎、軽井沢、そして上田というルート。
このままでは埒が明かないので逆から攻めてみました。
今回は上田スタートの高崎ゴールです。

まずは新幹線で上田へ。
CIMG5211.jpg 
今回は距離も少ない予定なので、まずは上田城跡を見てきました。
もちろん天守閣などはないわけで、角の櫓が残るのみ。
本丸跡地も色々な石碑が立ってて、
長い年月、利用価値を見いだせていなかったんだというのがよく分かります。
CIMG5213.jpg
CIMG5218.jpg
CIMG5219.jpg
博物館に入ればもっと面白いものが見られたんでしょうか。
一度行けばいいかなって雰囲気でした。
まぁサマーウォーズもあるので起点にはしたいんですけどね。
CIMG5228.jpg 

上田観光もそこそこに、まずは軽井沢まで登り基調で進みます。
といってもそんなに辛い登りじゃないです。
ただ平坦ではないなっていう程度のものです。
そしてこちらからのルートで一番の利点。
碓氷峠で下りになります。
これは大きな特典でしょう。
峠を登らなくて済むとなれば、麓にある横川の峠の釜めしを食うことだって可能です。
ここの点ではこのルートはおすすめです。
ちなみに今日は脚もよく動いたので、
下ってから眼鏡橋でUターンしてもう一度登りました。
碓氷峠は終始木陰でゆるい登りなので灼熱真夏走るのには最高です。
CIMG5229.jpg

あとは高崎までずっと下り。
何事もなく、楽に到着しました。
このルートは上田で観光が可能。
碓氷峠は下りになる。
行きは新幹線、帰りは高崎線なので輪行資金が優しい。
100キロルートが走れるようになったという人にはオススメなルートです。
私にはちょっと物足りないところもあったけど
真夏は無理しないで、楽しいと思える距離で収めるのがいいんだと思います。



スポンサーサイト

艦艇公開大洗ライド

長く続いたロングライド負け試合。
やっと成功させてきました。
今回は安定の大洗往復走200キロ。
大洗では自衛隊の艦艇一般公開があったので
それ目的で行ってきました。
まぁ、つまりガルパン絡みです。

朝も早く5時半に起きて
出かけたのは8時過ぎ……いや、二度寝じゃないんですよ。
起きたんだけどすぐにベッドから起きられず
飯を食ったら腹持ちが重く感じたのでゆっくりしして。
そんなこんなで出発が遅れてしまいました。
いやー、ホントに朝は弱いです。どうしても起きられません。

行きは追い風、帰りが怖いなーと思いつつ
楽しく走っていると、右太ももが心地よく涼しく感じます。
「お、これはいいぞ、いい感じだ」
と思って回していると、どんどん涼しさが増します。
なんだ?と思って見るとレーパンがパックリ大開放。
CIMG5192.jpg

なんで?買ってからまだ5回も使ってないのに。
いや、そんなことよりこれをどうする。
このまま走るのはさすがに恥ずかしい。
ユニクロ、もしくはしまむらを探さねば!
変質者が走ってると通報される前にパンツ探しミッションが急遽スタートです。
すぐさまMAPで検索。
こういう緊急事態にもすぐさま対応できる。
スマホの発明をこれほど感謝したことはありません。
調べたら3キロ先にしまむらがあるとのことで全力でしまむらへ。
しまむらはスポーツ関係の服もあるので願ったりでした。
なんとかパンツを手に入れて再び大洗にリスタートです。
CIMG5194.jpg 
と、まぁ、完走はしたけどハプニングは相変わらず襲ってきます。
ずっと祟られているように色々な障害に襲われて
茅の輪くぐりしておけばよかったなぁと思ったりも。
今回は身体的ダメージではなかったので
尻の痛みはあるものの、なんとか払拭に成功した感じがあるので、
この調子でいきたいものです。
ただ、これから本格的な暑さが来ますからねぇ。
ロングライドはしばらく休止で山錬に切り替えかな。
どこか手近な山錬場を探し中です。

そんなわけで今回得られた教訓は
「しまむらは最高。スマートフォンは革命的最重要アイテム」


目的の1つだった艦艇公開の写真も。
CIMG5200.jpg
 
CIMG5197.jpg

CIMG5202.jpg

CIMG5207.jpg
昔みたいに10式戦車が来てほしいなぁ。

そして今回最重要目的だったもの。
CIMG5210.jpg 
今年の大洗も暑くなりそうです。

桂歌丸さんに寄せて

桂歌丸さんがとうとう天国なのか地獄なのか
どちらかわからないけど常世に逝っちまいました。
「天国はみんな笑顔なんだろうから
地獄に行ってみんなを笑わしてきますよ。」
ってなことを言うかもしれません。
なんにしても現し世はちょいと寂しくなりました。

私にとって歌丸師匠は笑点の人というよりも
最初に落語に触れさせてくれた大恩人でして
中学校の先生の一人に歌丸師匠とご縁がある方がいて
学校に呼んでくださったことがあったんです。
聞かせていただいた演目は「鶴」
当時はその面白さに魅入り、図書館で落語の本を読みふけったものです。
今でもあの小気味良い鶴が私の中のナンバーワン落語になっています。

さて、多くの人の心に影響を与えてくれた歌丸師匠。
亡くなったのは事実なんですが、そこに涙はあまりありません。
皆が失った悲しみに暮れるのではなく、笑顔で送ろうとしています。
これは氏の人生、人柄もありますが、
落語に出てくる死生観というのもまた影響しているのかもしれません。
先日テレビでやってた落語ディーバという番組でその話をしていました。
曰く、死を扱う噺が多く、死を身近に感じることがある。とのこと。
確かに死後の世界の噺は多いし、
誰それが死んじまったっていう場面もよく出てきます。
そこには悲しみではなく笑わせるための言葉が多く使われます。
現実でも落語家は師弟関係があるので師匠が先に往生することが多いですし、
周りでも死に遭遇する場面が多いので、
噺家は死を飲み込んで糧としていく術が備わっていってるんでしょう。
つまり、死に対して近しい感覚が備わっていくんだと思います。

ですが、世間で過ごす人の多くは、死はどうにも縁遠くなりました。
なので死へのショックは以前より大きいものになっているようです。
桂歌丸師匠の死もまた悲しいものですが
多くの落語を聞くことでそれを飲み込んでいくことが一番の送り方なのかと思っています。
そして今生桂歌丸を送り、
これから襲名されるかもしれない2代目3代目桂歌丸を迎えることを楽しみにするとしましょう。
皆さんも桂歌丸師匠が逝っちまったのもまた縁の1つと思って、
ぜひ、落語に触れてみてください。

上田目標ライド、またも失敗

またもロングライド失敗。
これで何度連続になるんでしょう。
最後に達成感を感じたのはいつでしょう。
これが2.3.9.10月でなくてよかったです。
この月のあたりでこの失敗を繰り返していたらどうなっていたことか。
きっと立ち直ることなどできず、ずっと自分を責めていたでしょう。
この時期でも十分にダメージでかいんですけど。
ほんと、やり遂げたという気持ちが欲しいこのごろです。

さて、挑んだのはまたも江戸川CRから高崎、軽井沢、そして上田だったんですが
例年より超速の梅雨明けと、それに連動したこの暑さは気持ちを折るには十分でした。
今回は脚や胃腸のダメージというより気持ちのダメージでの終了でした。
まずは利根川CRいつものパンク。
どうしてか、目標を上田にするとパンクします。
利根川CRが終了したあたりで暑さも最高潮の感覚。
一般道のコンクリートジャングルは容赦なく暑さをぶち当ててきます。
コンビニによっても食欲は出ず、ゼリーをなんとか食うのみ。
初めてレッドブルなどのエナジードリンクを試すも効果なし。
即効性の変調があるとは思っていなかったんですがね。
一度は試しておこうという程度のものでした。
もう今後は買わないな。
最終的には飲み物も飲めなくなるほどのダメージとなってしまいました。
ロングライドは食べられなくなる時点で終了となります。
これはどんな人も覆すことはできません。
結局今回は高崎で終わりにしました。

今回の経験から得られたのは2つ。
1つは追加携帯品に日焼け止めクリームを取り入れること。
出先でスッキリしたいのであれば冷水を頭からかぶるのが一番なんですが、
それをすると日焼け止めクリームが流れて夜の風呂は地獄となります。
熱も逃げにくくなり、もっと走れなくなることでしょう。
ならば冷水をかぶったあと、もう一度塗るために日焼け止めクリームを持っていくのが最良でしょう。
まぁ、荷物が増えて嫌ですが、
それでもエナジードリンクよりは数倍効果はあるはずです。

もう1つが高崎という中継点。
帰宅手段が新幹線一択だと思っていたんですが
高崎からならJRの鈍行があるので時間に問題がないのであれば安く帰れることことが分かりました。

今後の予定はルートの再考を考えています。
もう自宅からというこだわりを捨てて、往復で電車を使う選択肢を増やすべきでしょう。
なので次は新幹線で上田に乗り込み、高崎までというルートを試します。
軽井沢まではゆるい上り、碓氷峠も下りと楽になるはず。
ここ数年の暑さは生命の危機を感じることも多いですし
真夏は100キロを上限で走ることを心がけましょう。
とにかく一回ロングライド成功という実績を作って自信を取り戻さないと。

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks