珠礼堂

行動力上昇手助け日記

メガホビEXPO&グッスマさん

アニメキャラフィギュアの雄、メガハウス。
チャレンジングなフィギュアメーカー、グットスマイルカンパニー。
お互い切磋琢磨してかっこエロいフィギュアを作ってくれます。
土曜の秋葉原でこの2つのメーカーの展示会が同時開催。
前回のワンフェスに行けなかった分、
実物初見のものも多かった展示会でした。

特に見たかったのがリコルヌさんが展開する
アイドルマスターシンデレラガールズのユニット「LIPPS」
この5人組全部出すという発表から
私の心は鷲掴みです。(財布は掴まれていない)
どんな造形でどんな顔で出来上がってくるんだろうとそわそわものでした。
発売された宮本フレデリカと速水奏は着色済み
そして残り3体も出来上がってました。
5人集合です。
ポージングとしては周子さんがいいですね。
うたプリのときもそうでしたが、
こういうのは全部揃ってこそな感じがするので
どれか1体手を出せば、あとは沼に落ちるだけ。
それだけは避けねばなりません。
ということで写真で満足するマンです。
DSC04605.jpg
DSC04613.jpg
DSC04622.jpg
DSC04607.jpg
DSC04616.jpg
DSC04619.jpg

残念だったのはコードギアス 反逆のルルーシュの新作
紅月カレンですね。
紅蓮に乗っているポーズなんですが
なんかこうじゃないんだよって感じです。
1つには今までのが立ちポーズで新規イラスト的な造形だったのに対して
今回は劇中抜け出しというコンセプトが変わってしまったこと。
もう1つが紅蓮搭乗シーン時の映像ってパースを効かせていて
実物とスケーリングが違うので、造形物にすると迫力が落ちるんです。
なので、尻は最高だけど、なんか物足りないって感じがします。
カレンはコードギアスの中でも好きなキャラだけに、
あまりいいモノが出てくれないことが多く、
不満に思うことばかりです。
DSC04576.jpg
DSC04577.jpg
DSC04579.jpg

気になったのはこれくらいでしょうか。
グッスマの方で惹かれたものはこれといって無く。
どうにも心を揺らされることは少なくなってきました。
意欲的ではあるけど、それは今どきなものが多く
つまり、私が老いて、興味が薄れつつあるということなのでしょう。
だってバーチャルユーチューバーとかなんなんかよくわからんし
スマホゲーやらんからキャラへの興味もないわけです。
どんどん買うものもなくなっていきますよね。
欲しいと思うものが過去作のものばかりというのは
個人的に自分を残念に思うところです。
DSC04650.jpg
DSC04651.jpg
DSC04666.jpg



スポンサーサイト

ツアー・オブ・ジャパン2018

ツアー・オブ・ジャパン
日本で行われるサイクルロードレースの中でも
日数、規模共に最高峰のレースです。
8日間かけて九州から東京まで転戦していくという
あまりレースに馴染みが無い場所でのレースもあるので
ロードレースを見てもらえる機会となる、
大変意義あるレースでもあります。

見られたのは日曜に行われた最終東京ステージ。
日比谷公園からスタートして、平和島競馬場近くの大井ふ頭を周回するコース。
都心でのレースなので大規模道路封鎖となります。
規模からいえば東京マラソンの次ぐ、
但し、時間からすれば隅田川花火大会より早いくらいでしょう。
日曜とはいえこれだけの範囲の封鎖は珍しいものです。
このような封鎖はオリンピックでは頻発することになるわけです。
そのためにも今からもっと多くの屋外競技を実施して
どうなるのか、色々体験しておきたいものなんですが。
なかなか都心では難しいものですよね。
けどいきなり本番も困ります。
DSC05145.jpg
 
DSC05161.jpg

レースといえば戦利品です。
チームが使用するボトル。
走ってる最中に飲みきって路上の観客にプレゼントされます。
まぁつまり、捨てられるものです。
今回やっとELITEの新ボトルが手に入りました。
以前のと比べると大違いの柔らかさ。
ギュッと押せば楽に喉を通ります。
ただ、その柔らかさゆえに、印刷されているロゴが弱く
軽く擦れただけで剥げてしまいます。
あと、冷えてるのならまだしも、
温かい飲み物を入れておいたら熱くて持てないかもしれません。
レースならおすすめ、ロングライドなら他を勧めます。
CIMG4929.jpg
 
CIMG4930.jpg

CIMG4931.jpg

ツアー・オブ・ジャパンは都心で見られる唯一に近いプロのレースです。
年々試行錯誤をして、情報も入手しやすくなりました。
その場で状況がわかるというのは
通り過ぎるのが一瞬の競技では大変ありがたいことなんです。
もしかすると数年後には今みたいな観戦スタイルも変わっていくのかもしれません。
そしたらもっとファンが増えてくれるんでしょうか。
オリンピックはその契機になるんでしょうか。
DSC05273.jpg

DSC05421.jpg

DSC05455.jpg

平日、箱根山練

仕事がないから自転車頑張る。
平日だってもう関係ねぇ。
貧乏暇なしなんて嘘ですよ。暇だらけです。

今回は山岳練習の箱根です。
小田急電鉄の株主優待乗車回数券の期限が今月末なので
無理やり金曜に箱根を登ってきました。
ちなみに金券ショップだと550円です。

平日行動はどうにも気が引けます。
みんなが通勤している時間に一人輪行で電車乗るっていうですから、
そりぁいたたまれないってなものです。
そんなわけで足取りが重く、出発もずいぶん遅れました。
けど、これが幸いでして、
小田急線での輪行の場合、先頭車両に自転車を置くんですが
もっと早く行ってたら女性専用車両で乗せられないところでした。
CIMG4811.jpg

CIMG4813.jpg
電車に乗らないのでこの制度、ついつい忘れてしまいます。
今後、平日出発の時は覚えておかないと。

小田原駅に到着して、今年初めての箱根でしたが
まったく走れませんでした。
一度、足が完全に止まってしまいました。
どうしたことでしょう。
想像するに、フルクラムレーシング3との相性がよくないようで、
どうにも私には硬すぎるようです。
そういうことにしておきましょう。 
CIMG4819.jpg 

もう三嶋大社まで行く気力も失せてしまったので
箱根芦ノ湖を観光することにしました。
箱根神社の長い階段、その先にある神社ってかっこいいですよね。
あと芦ノ湖にある大鳥居はここならではの光景です。
にしても、こんなところでも日本人のこのきっちり並ぶのは滑稽です。
CIMG4843.jpg
CIMG4835.jpg

あと箱根関所は思ったよりしっかり出来ていて驚きでした。
この関所再現って作られたのってけっこう最近なんですね。
もっと昔からあるものだと思ってました。
横の絶壁、ここしか通さないという思いがひしひしと伝わりました。
当時、ここにたどり着いた人たちの登りきったという安堵感、
そしてこれから受ける関所の詰問に緊張したものなのでしょうね。
CIMG4822.jpg CIMG4823.jpg

あと登ってる時に気づいたんですが
箱根ホテル小涌園って閉館しちゃったんですね。
驚きです。
箱根で連想するものの上位には小涌園ってあると思うんですよ。
その代名詞が閉館に追い込まれるとは。
広大な敷地と絶好の立地なだけに、今後の活用方が気になります。
決して廃墟になって欲しくない場所です。
CIMG4848.jpg 

久しぶりの箱根は山岳練習としてはダメでしたが
なんか久々に楽しめました。




三社祭雑感


今年の三社祭も無事終わりました。
Facebookにて撮った写真のアップもすべて終わったので
なんとなく雑感を。
天気、恵まれましたね。
ここ数年晴れているんで
1日は雨に祟られると言われた昔が懐かしいです。

毎年少しずつの変化する三社祭。
と、オブラートに包むように言い方をしてもなんなので。
知ったのは三社が始まる数日前なんですが
どうやら浅草寺との間になにか一悶着があったとかなかったとか。
今回の変更はそれによるものだいう噂もあり
色々と問題が出ていることだけが事実としてあるようです。
当事者ではない私には、実内情を知るわけではないですし、
憶測で外野が騒ぐべきことではないんですけど。
まぁなんとなく希望も含めて書いておきましょう。

思うに、どちらも浅草という地域のことを思ってのことだと思います。
お互いに目指すべき浅草の風景があり
そこに行き着く工程で意見の相違があるのでしょう。
答えは単純なんですが、そこに行き着くことが複雑であるというのはどこも同じです。
ただ、覚えておいてほしいのは、
常に崩壊していくのは外からではなく内からである。
互いの足を引っ張っていくうちに出来上がるのは、
誰も近寄らない焼け野原。
是非、覚えておいてほしい言葉です。

どちらが悪いわけでもないし、どちらにも正義はあるのです。
ただ終着点への道筋見えなくなってるだけであるはずなんです。
大人になるとよくあることです。
人生が長いからこそ起きること。
これを理解すれば答えはすぐ足元に転がっています。
一度空を見て、そしてそのあと、足元を見てくれることを願うばかりです。
私は浅草が好きで、三社が好きで、浅草寺も浅草神社も大好きなんです。

御霊入れの儀
DSC01438.jpg
大行列後
 DSC01542.jpg
町会神輿連合渡御
DSC03829.jpg
本社神輿渡御
DSC04539.jpg
御霊戻しの儀

ニュースマホ。HUAWEI P10 lite


PHSの故障は突発的なものでした。
それとはまったく別でスマートフォン買い替え計画を進めていて
PHSが壊れる寸前にスマートフォンも買い替えました。
新しいスマートフォンはHUAWEI P10 lite
新古品です。
買い替えの理由は、今のが故障してというわけではなく、
色々と不都合が出てきたことでのことです。

理由は大きくは2つ
1つはMAPの表示速度。
スマホで一番大きい使用用途はロングライド中での位置確認。
旧機種は表示させるのに1分以上かかりました。
通信速度の問題ではなく、スマホのスペックによるところが大きいようでした。
冬などは停止して手袋を脱いで操作しなければならないので
ここの改善が一番欲しいところだったというわけです。

2つ目は接続機器との連動。
買い替えの少し前に偶然、外部機器のガジェットを入手しまして、
スマホと連動させようとしたのですが認識してくれず、
よく調べるとBluetoothのバージョンが古いとのこと。
これは前のを弄っても上げられるものではないので
買い替え以外の選択肢がありませんでした。

どちらも我慢できないものではないんですが
以前より電池の消耗率もあがっているようだし、
ここらで一旦買い替えかなもいいかなってことで。

前の使用期間は約2年。
もう少し保つかなと思っていたんですが
電池消耗率やスペックの世代交代などで考えると
買い替えの循環期間はこれくらいなのかもしれません。
今はスマホも安いので出てきていますし
高額なフラグシップモデルを4年近く使うより、
ミドルグレードクラスを2.3年で買い替えの方が満足度は高いかもしれません。
機種の選定と情報の収集を強めて、買い替えサイクルを模索するのも
私はオススメするところです。
つか、SIMフリーの格安スマホは、
手荒く使って破損やご臨終しても心のダメージは軽微なのでいいですよ。

3本ローラーが瀕死です。

何故でしょう。
問題というのは連鎖的に続くものです。
1つの問題が発生したら厄除けとかお祓い受けろってことなんですかね。
5年間使ってる3本ローラー台が壊れました。
いや、まだなんとか乗れるんですが、崩壊は時間の問題です。
前のローラー右側側面が他より出っ張っていて
左に寄って乗ると轟音が出るようになりました。
右寄りに乗れば押さえつける感じになって音が収まります。
轟音は軸がぶれていることで発生しているようで、
ローラーを外したらたぶん出っ張りの部分でもげるのではという感じがします。
ホント、ギリギリで乗ってるなという感じで
ここから破砕したら大怪我どころじゃないよなって思いつつ回してます。
こんなチキンレースは絶対辞めるべきですよね。
前のローラー部分だけ売ってたりしてないのかなぁ。
CIMG4787.jpg
CIMG4785.jpg 

早く買い換えねばということになるんですが
さて、2択です。
1.このまま3本ローラーを買う。
2.Zwift対応の固定ローラーを買う。
1は安く済ませられるという利点があります。
但し、今までと同様に乗っている時間はあまり面白くはありません。
2はZwift対応にさせると高額ローラーが必要なのと、
新たにパソコンが必要になるという欠点があります。
けど環境が出来上がれば至福の自宅サイクリスト環境が出来上がります。

私の気持ちとしては1が有力です。
1つは資金面。
今、ローラー台に割ける予算が乏しいこと。
振り分けることは可能ではあるんですが、
今動いてる計画が先延ばしになるというモヤモヤが残ります。
もう1つは未来予想です。
今後もZwift人気があがれば対応ローラー台も増えるし
それ対応で無ければ売れないという状況が生まれるはず
であれば数年後には劇的に安くなる可能性が高いのではないか。
自動負荷装置付き3本ローラーの開発も進んでくれるのではないか。
そんな未来予想をしているわけです。
ならば、今は中古で安価の3本ローラーにして様子を見ていくのも手であると思います。

書いてみることで考えを整理してみたわけですが
やはり今回は今のと同じ3本ローラーをどこからか調達するのが良さそうです。
早めに行動しないと大事故になりかねません。
調達まではまだ手元にある固定ローラーを引っ張り出して回すようにしましょう。
ここでケチって怪我したら代償は高いものになってしまいますからね。
とりあえず、誰か3本ローラー売ってください。

どうしましょう。三社間近です。

今週末はいよいよ三社祭です。
なのにどうしたことでしょう。
気持ちがあがってきません。
体調不良が続き、未だに完治という感じに至っていないことを差し引いても
このモチベーションの低さはなんなのか、
これではあの中で戦えるのか、不安すら感じています。
浅草神社はもう柵やら装飾やら土台やらと態勢が出来つつあるというのに。
CIMG4758.jpg
 CIMG4746_20180515213546353.jpg
CIMG4750.jpg
CIMG4748.jpg

考えるにカメラの機種変換が出来なかったことが一因かもしれません。
今、手持ちの一眼を買い換えようと模索しているのですが
別のことで資金が飛んだりして、完全に立ち止まりました。
パーツは少しずつ分割で揃えてはいるんですが
それでも本体には届きませんでした。
せめて三社祭までにはと去年の秋あたりから思っていたんですが
ちょっと無理でした。

マニアックに書けば、
一眼はソニーユーザーなんすけど、AレンズからEレンズに転換しないといけないんすよ。
そんなん一括でできるはずないっしょ。
あと今のがAPSーCセンサーなんですよ。
それがフルサイズになったら画角や距離感諸々すべて一からっすよ。
いきなり三社というのには無理があるっしょ。
例えば16mmフィッシュアイがいきなり130度から180度画角なるよって。
そんなんもう別モンっしょ。
せめて何度か慣らしをやらせてよって話ですわ。
ひょいひょいと祭りがあるわけでもねぇし。
4月には一眼が欲しかったよなーって話っすよ。

まぁ、それはさておき。
なんとか当日には気持ちを上げたいところです。
現在の予報ではちょっと天候不安定ですね。土曜に雨マークが付いています。
雨準備も一応しておかないとダメかもしれません。
何より気温が低いのが怖いです。
半纏無しなんでこういう時はどうしたものかと思案してしまいます。
どこかの町会様、奉賛金収めるので半纏お貸しください。
って毎度言ってるけど、いざ半纏借りても一町会に留まって撮影とかはあまり考えてないからなぁ。
いや、それもありだとは思ってるんですけどね。
一度、準備から撤収まで一町会をおっかけるっていうのも面白そうなんですけど。
まぁ何はともあれ、もうすぐ三社です。
気張らねば。

ホイールが瀕死です

とうとうホイールの寿命というのを感じ始めました。
先日の十和田湖ライドでフロントホイールに大きな振れがあるのを確認。
師事している先生に聞いていい店を紹介してもらい
昨日やっと持ち込みました。
ホイールはSHIMANO DURA-ACE C50
以前格安で譲っていただいたホイールです。
今まで一度も振れ取りに出したことも無いのでどんな結果が出るのか。
そもそもこれが振れなのか自信もなかったし
とにかく一度見てもらおうという気持ちで出してきました。

お店はヴィクトリア系のエルブレス新宿店
一等地ではあるんですが
ちょっと穴場的な場所でもあります。

開店直後に持ち込んで数日かかるだろうと思ったら夕方には出来上がるとのこと。
素晴らしいです。早いです。
やはりプロですね。
安心しておまかせできそうだったので一旦帰宅して夜に再度行きますと。
「これ、なにかにぶつけました?」
「へ?いえ、そんな記憶はないんですけど。」
「できる限りやったんですけど、まだちょっと残ってしまっているんですよね。
あとスポークに固着があって、なんとか回せるようにしたんですけどそれでもまだ固まってます
あとそれなりに古いホイールなのでリムにも歪みが出てますね。触ってみてください」
触ったらたしかにボコボコとした感じがします。
おっと、思ったより重症です。
ホントに格安でしたし、最上位グレードホイールとはどんなものかというのを知りたかったということでのホイールでしたから
ある程度の使い込みは覚悟していましたけど、思ったより重症でちょっと面食らいました。
やはり最初に貰った時、しっかりメンテしてもらってせめて当時の状態を確認しておくべきでした。

店員さんから再度
「ぶつけたりしてないんですよね?ここまで振れが出てるとそういう可能性も高いんですけど」
「はい、落車とかぶち当てたとかの記憶は無いですねぇ」
「あとは輪行の時とかはないですかね?」
(………ある………かも)
輪行はねぇ、どうしても不安定なところがあるので
どこかで衝撃を受けた可能性っ捨てきれないんですよ。
気が付かずにやってしまっていたとしても不思議ではないわけです。
特に私の輪行袋はフレームを逆向きにする横置きタイプ。
幅を取るので置く場所が難しく、目に見えないところに置くこともあるわけで。
何かあっても目撃もままならずということはあるんです。
これはホイールもそうですが、輪行袋の転換も考えないといけないかもしれません。

ということでもう少しいじってくださるというとのことなので
おまかせしました。
完璧に治らないことは判明しましたし
さすがにもうそろそろ引退ということを考えないといけないことがよくわかりました。

ラストPHS

尿管結石から抜け出し、
しかし使った薬の副作用なのか
うんこが出ません。
大便秘状態が続き、出ても破けるんじゃねぇかっていうくらい硬いです。
おかげで手足が冷えて仕方ありません。
夜中に起きてはストレッチの日々です。
あまりやりたくないけど薬には薬で対抗します。
どんどん薬漬けになって嫌だなぁ。
まぁ、それはさておき。


先日、PHSの死刑宣告が発表されました。
最後の一人になろうとPHSで生きていくとしていた私も
最早選択することが許されなくなってしまいました。
悲しいけど、これも時代です。

そんな事態を察したのか。
PHSが壊れました。
壊れたのは新規、機種変受付終了前日。
店頭にはもう新品の在庫も無く、最早ここまでという状態でした。
ですが天は我を見捨てません。
実は家に未使用のPHSがあったのです。
ウィルコム時代に無料で電話番号付PHSあげますキャンペーンというのがあって
2台貰ってました。

CIMG4780.jpg

これが活きる時が来たのです。
1台を解約して、今回壊れたアカウントの機種変換器として登録。
これでとりあえず急場しのぎの対応はできました。
まだ俺はPHSで戦える!

今回のは電話とメールだけ。カメラもWeb閲覧もできない機種です。
けどこれでいいんです。
私が携帯に求めるのは、長時間連絡可能にする機体なので
むしろこれは理想形になったと言えるかもしれません。
現在、私のガジェット環境は
1.電話、メールのみの長時間使用可能な携帯電話
2.SNS、MAP、Web閲覧、カメラなど多目的に使用できるスマートフォン+格安SIM
これが理想と思っているのは震災以降、私で感じ取った教訓から出た形です。
インフラの復旧はいつになるか予想はできません。
状況把握より優先すべきは家族との安否連絡です。
ならば最後に残すべきは電話の確保であろうと思っています。
だからこそスマホではなくガラケーでの2台態勢は自分の理想としている形なのです。

ただ、これも延命処置でしかありません。
次はもうPHSという選択肢はありません。
もしかするとガラケーが無いという状況も考えられます。
今はそれが一番恐ろしいです。
長時間使用可能な通信手段の確保。そのための機種は是非残っていてほしい選択肢です。

新・銀河英雄伝説の戦闘描写について

新しい銀河英雄伝説、始まりましたね。
どうですか?
なるほどですか?
こうきたかですか?
ファースト信奉者の私にはちょっと無理でした。
なるほど、これが地球教徒の心情なのですかってかんじです。 

何が無理だったか。
そもそも銀英伝には3つの柱があると私は思っています。
戦闘、政治、キャラ
これらがバランスよく配されていることで多くのファンを獲得しているのではないでしょうか。
今回のはその中で、キャラに大きく比重を傾けているように感じています。
それはまぁいいんですよ。
このご時世ですし、ファン獲得にはそれが当然だと思います。
私もそこはさほど嫌悪感があったわけではないですし、
これは今後見慣れていくものだとも思っているので。

では何が辛かったか。
戦闘です。
1つめは解説に必須である戦況画面。
帝国、同盟双方の指揮官が見ていたモニター画面です。
これが非常に分かりづらい。

例えば、アスターテ戦役での帝国軍側から見て中央突破するところ
vlcsnap-2018-04-23-17h12m45s950.jpg 
こちらが前作
こちらが新作

例えば、同じくアスターテ戦役での同盟軍側から蛇の尻尾噛み。
vlcsnap-2018-04-23-17h13m39s761.jpg 
こちらが前作
vlcsnap-2018-04-23-17h18m16s824.jpg
こちらは新作

以前のは戦術の基礎概念がなくとも、戦況画面で大まかな状況がよくわかったんです。
ですが今回、リアルを追求しすぎてその戦況図がすっごく分かりづらいです。
3D立体図、細かな数字の付随、敵味方の色分けの弱さ。
どれも情報過多になってしまっています。
そもそも戦闘指揮官に見せるべき展開図ではないですよね。
もっと簡略化して、指揮官に伝えなければ
読み取りに時間がかかって指揮の遅延にもつながります。


この点でよかった例としてガールズ&パンツァー劇場版を挙げましょう。
大学選抜側で島田愛莉鈴隊長が小隊展開を支持するのにタブレットでルートを引きました。
あれで現在の配置と、これからの行動展開がわかりやすくなり
その後の戦闘描写がすんなり入ってきました。
vlcsnap-2018-04-23-17h26m34s422.jpg 
vlcsnap-2018-04-23-17h24m13s675.jpg
vlcsnap-2018-04-23-17h26m53s018.jpg
つまり簡略化することで見る側への説明を一瞬で完了させないと
戦闘シーンがもたつくことになってしまいます。
リアルの追求はいいんですが、それゆえに情報を多くしてはいけません。

もう1つが宇宙空間描写です。
船体の色とデザインのせいか、非常に見えづらい。
特に同盟軍の船体はどんなのか、未だ把握できていません。

こちらが前作、船体の輪郭がわかります。
vlcsnap-2018-04-23-17h21m00s801.jpg 
こちらが新作、船体のライトでかろうじて戦艦がぼんやりと把握できる感じです。
vlcsnap-2018-04-23-17h15m42s082.jpg

なんであんなにゴテゴテのブロック船体デザインになってしまったのやら。
配色も宇宙空間の色に栄えず、行動そのものがわからなくなっています。
ここもリアルを優先した結果なのでしょう。
とにかくも戦闘シーンそのものが「え?砲撃しているの?わかんねーよ」と
船体が宇宙に沈み込んでしまっています。

この点でのよい例は機動戦士ガンダム逆襲のシャアです。
今作ではリアルの空間とコクピットモニターとで宇宙の色を違えています。
これはカメラで捉えた画像を処理してパイロットの視覚情報を簡略化しているという設定にしていて
コクピットから見た宇宙は非常に明るいものにしているというものでした。

実宇宙空間はひどく暗く、ゆえにモビルスーツのバーニアの光がよく栄えます。
vlcsnap-2018-04-23-17h53m11s824.jpg
こちらはコクピットから。全体に青みを付け、
星も密集処理されて自分の位置を把握しやすくさせています。
vlcsnap-2018-04-23-17h53m24s865.jpg

ここまでとは言わずとも、船体の判別でできないのでは
現在の戦闘がどうなっていのか
どちらが優勢なのかというのが分からない描写が多かったように感じています。

このように2つの例から、今作に足りないのはアニメらしいわかりやすさの欠如と言えるでしょう。
リアルを追求するのは良しとしても、
それでもアニメらしいハッタリのある空想的映像技術というのは絶対必要なものです。
この点が今回の銀英伝では中途半端になっしまっています。
戦闘展開を知っているもの知らないものとに差が出始めると
戦闘といらない銀英伝という風潮になりかねません。
それこそがキャラ重視の結果とも言えるかもしれませんが
私はそこは蔑ろにしてはいけない部分であり、最も重きを置けとは言わずとも
比重は少し多めにして欲しいと願うところです。



いざ サイボクハム!


4月1000キロオーバーも達成したので満足じゃって気持ちがあったんですけど
せっかくここまで疲れているんだから
もう一本こなそうってことで
手堅く荒サイ練習走こなしました。
荒サイは目標ポイントがそれなりに多いので
走ってから体調を診て行き先を決めるってことが多くなりました。
それほど荒サイに慣れ、練習をするホームという位置づけが定着しました。
ゆえに、もう伸ばせる距離にも限界が出始めていますがね。

ということで走り出してみると、風は強いが体調はよさげだったのと
気持ちが新天地を求めていたので
未開の荒サイから枝分かれする入間川サイクリングロードに入って
目的地は肉食わせろのサイボクハムレストランまで。

まずは入間川サイクリングロードですが
それなりには整備されているし、橋が横切ってるところは
下への迂回路があるのでノンストップで走れます。
ただ、その迂回路のほとんどがUターン、それも道幅も狭くなので
減速がけっこうやられるところがありました。
他にも細かいS字クランクがあったりと
大型河川敷を走りなれていると見劣りするところもあります。
けど、ノンストップなのはやはりありがたいですよね。

で、目的地のサイボクハムです。
GWですからね。わかってはいたんです。
レストランも露店も人が多くて長蛇の列。
並んで物を食うのがとにかく嫌いなので何も買えませんでした。
ただ、空いていたとしてもレストランでガッツリ食う習慣も無いし、
露店で売られている肉は骨付きスペアリブなので
どれも魅力に感じませんでした。
あまり豚との相性がよくないのかなぁ。
豚肉、ソーセージ大好きというのであれば素晴らしいところなので
是非、目的地の1つとして行ってみて欲しいですね。
私はもういいかな。

CIMG4716.jpg
 CIMG4717.jpg

荒サイでの目的地もあと思いつくのは川越と秩父くらいになってきました。
川越は今回の入間川で途中にあるので楽勝。
秩父は白石峠か定峰峠をクリアしないといけないし、
秩父まで行くと往復は無理になるのでなんか気乗りしないんですよ。
荒サイはもう練習と調整の場所というものになったのでしょう。
それが近所にあるだけでも幸せなんですけどね。
ああ、近所に峠が欲しい。

いざ、中禅寺湖!

尿管結石も無事出ていってくれたようです。
小便の色がクリアになりました。
あとは荒れた胃をゆっくり戻すだけ。
それにしてもこんな爆弾を抱えようとは。
次に血尿の感じが出たら速攻で医者に行くことを決意します。

さて、まぁそれは良しということで。
この前の4月ライドのお話の続きを。


4月ラストライドは中禅寺湖まで。
今まで日光までが最長だったのを、今回一段階伸ばしました。
一週前のライドで胃腸をやられたので
今回はそこに気をつけて、飲み物はすべて温かいものにしました。
まだ酷暑というわけではないですし、胃に負担をかけないようにしました。
とにかく注意力をあげてのライドだったので日光までは難なく到着。
ここから未知の領域です。
まずは軽くいろは坂までという気持ちだったんですけど
それが思った以上の登り基調。
いろは坂入り口に着いた時点で相当削られました。
いろは坂ばかりに気を取られていたので思わぬ伏兵でした。

サプライズ登り基調のおかげでいろは坂へのチャレンジモチベーションは瀕死。
そしてたどり着いて気がついたんですけど、
いろは坂って一方通行だから、辛いからといって引き返して下るわけにいかないんですよね。
逃げられない戦いを強いられるわけですよ。
それゆえに入り口で走るかすげー悩んだんですけど、
いろは坂に挑むことで、自らの意思を強くさせようと奮い立たせました。
まぁ、事前にそんなにひどい坂じゃねぇよって聞いてたんでいけるかなって。
案の定、碓氷峠くらいかなっていうくらい初級坂でした。
CIMG4670.jpg 

そしてたどり着いた中禅寺湖。
いやー綺麗です。男体山でけーです。
標高も高いので涼しいし。日光スタートなら素晴らしい行楽ライドになります。
CIMG4688.jpg 

最高の景色を見て最高の気分で帰れる。
と言いたいけど、地獄は最後にありました。
いろは坂下りです。
登りでも感じていたんですけどいろは坂ってカーブでの見晴らしがいいんです。
つまり、カーブは断崖絶壁。
少しでも速度を見誤ると真っ逆さまという恐怖心と戦いながらの下りは
箱根のそれを軽く凌駕しています。
中禅寺湖は素晴らしいけど、いろは坂は大嫌いです。

可能であればその先の戦場ヶ原までと思ったんですけど
今回はタイムリミットで到達できずとなりました。
次回はなんとかと思う反面、走ることに主題を置かず
帰りはバス輪行帰宅という選択をしたくなりました。
それほどまでにいろは坂の下りが嫌いです。
登りも下りも日本から無くなればいいんだ。

尿管結石2日目。

またも朝から痛みで目を覚ます。
薬を飲んで一端引けど、午後1時すぎになって激痛。
薬を飲んでも今度はまったく効かず。
仕方なく緊急病棟に駆け込み。
残念ながら泌尿器科の先生がおらず
色々なところに連絡してくれど、どこにも泌尿器科の先生がいないという事態。
やっと見つかったのが医科歯科大学附属病院。

そこでやっと検診を受けて、効果絶大といわれる座薬を投与。
なるほど、素晴らしい効き目、一気に痛みが消えます。
この座薬投与が18時過ぎ。
GWに病気をすると手ひどい目にあうってことがよくわかりました。
長時間の痛みのおかげで3日目になっても食欲がまだ戻りません。
どんどん食べて回復させたいところなのに。

そして何より今回。家族がいてくれたことが大きかったです。
痛みが激しくなった時、隣に住んでる兄に連絡して車を出してもらいました。
両親は免許証を返納してしまっているので
運転できる兄がいてくれたことはホントに助かりました。
家族がいないとどうなっていたんでしょう。
あの痛みの中でどれたけ思考できたでしょうか。
考えるだけで恐ろしいです。

3日目は完全安静、まだ食欲が戻りきらず
それでも大分よくなっています。
ただこのあとGWはもう一歩も家から出ないでしょうね。
その後も復活が望めるのか。
回復にどれだけかかるのか今は想像できません。
三社祭までかかったら残念ながら今年はパスかなぁ。

尿管結石ですってよ

皆さん、体調は問題ないですか?
いけてますか?行動は完璧ですか?
私は今朝からボロボロです。
朝の5時ごろに凄まじい腹痛にやられ
のたうち回り、これは救急出動案件か?と思いつつ
それでもなんとか堪えて、朝の病院開業を待つという事態でした。

病院に駆け込み、腹痛の波をこらえ、診断していただいた結果、
どうやら尿管結石というものになってしまったようです。
要はよく聞くションベンの時に石が通ってすげー痛くなるというアレです。
40代になるとかかりやすくなるようで
いよいよそういう年齢かと気落ちします。

実は前日にその兆候があったんですよ。
昼にトイレで小便したら、濃い茶色の小便が出て、これなんぞや?って。
ネットで調べると、運動のしすぎで内蔵に負担がかかり、
このような小便が出るとの記述を発見
なるほど前日の走りがちょっと無茶しすぎたかな?と軽くスルーしたわけです。
実際、何度か小便したら色も薄くなったので
これはやはりそういうことかと自己完結してしまいました。
そしたら翌日早朝の激痛です。
小便は身体の不調を明確に出すわかりやすい排泄物なんだと改めて思いました。
過信よくない、病院大切、小便は最高のバロメーター。

てなわけで、GWは寝たきりかなぁ。
お医者さんによりは5日間の間には絶対抜けるはずとのこと。
抜けなければ問題ありということらしいし
つまり、GW最終日には復調するはずなので
なんとか走りたいところです。
けど、これで私も持病爆弾をかかえてしまったっていう思いもします。
尿管結石の予防法はとにかく水を飲めとのことなので
今まで以上に水分補給に気をつけるとしましょう。
皆さん、40代はおっかないぞー。

4月ライドチャレンジ

4月でした。
いよいよビブショーツ&半袖ジャージの季節です。
このあと6月までが勝負です。
6月になると梅雨になって、そのあと真夏になると暑すぎて走れなくなります。
大切な4月です。
ということで走りまくりました。
今までの最長到達点を総ざらいとして、目標は1ヶ月で1000キロとしました。

4/1 大洗往復 220キロ
大洗往復は難なく問題なし

4/8 利根川CRでの鹿島神宮までの往復 200キロ
鹿島神宮も問題なし
CIMG4609.jpg
CIMG4615.jpg

4/13 箱根湯本までの往復 200キロ
箱根湯本は国道1号が相変わらずの怖さたったので
帰りは海沿いに変更、鎌倉までいってというルートを開拓しました。
道幅も広いので今度は行きもこっちに変えてみましょう。
海風が強かったら死にそうですけどね。
IMG_20180413_144933.jpg 
IMG_20180413_164956.jpg

4/21 江戸川CR-利根川CR-高津-碓氷峠-軽井沢 180キロ
軽井沢は当初、上田までを目標にしていたのですが、
途中でパンク。その後、心を乱し、胃腸をやられて食べ物を受け付けず、
軽井沢で無念の終了。
距離は伸ばせませんでした。
CIMG4659.jpg 
CIMG4660.jpg

4/22 荒川CR-ホンダエアポート往復 100キロ
このままでは目標達成が難しいかと考えて、翌日荒サイ。
しかし、ここでも暑さにやられて、食欲をなくしてなんとか帰宅。
IMG_20180422_110108.jpg 


4/28 江戸川CR-宇都宮-日光-いろは坂-中禅寺湖 190キロ
ラストは初登頂、中禅寺湖まで。
これは単独であとで書きましょう
CIMG4690.jpg 

4/30 荒川CR-入間川CR-サイボクハムレストラン往復 135キロ
エクストラステージとして荒サイからサイボクハム。
これもあとで。
CIMG4714.jpg 

今回、改めて自転車乗りに必要なものの真理を知りました。
つまり「胃腸の強靭さ」
どんな状況であれ、食べ物を食べて、エネルギーに変換できる能力というのは
脚の筋肉などより大切なものと知りました。
食べられなくなった時点でもう終わりなんですよ。
これってどう鍛えればいいんでしょうね。

とにかくも無事目標オーバーの1200キロ達成。
少し勇気で出せました。
これで今後に弾みをつけたいところです。



 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks