珠礼堂

行動力上昇手助け日記

ヘラ台新調

何をするにも作業台というものは必須の道具です。
専用の作業台があるからこそ可能な作業というものが存在します。
和裁にもそれなりの作業台というものが必要です。
今回はそんな和裁の作業台新調のお話です。

和裁で特殊な作業台が必要となるのは生地に印を付けるとき。
身長ほどある長い生地をそのまま置いて印をつけないといけません。
つまり、えらく長い作業台が必要となります。
これは俗にヘラ台という名称で呼ばれています。
ヘラ台の素材として使われるのは木製と紙製のものがあり、
木製は一枚板、紙製は屏風のようなもの。
どちらも買うと高いわけです。
それでいてある程度使うとこんな感じに印の凹みが残って使えなくなるものです。

これはどんなに硬い素材でも避けられません。
だから高いものを買っても買い替えは必要なのです。
だったら安いものを買い替えていった方が作業としてはいいと考えます。
なので金かけずにお手軽に作りましょう。


必要なもの。


合板2センチ
ネル素材の生地
平画鋲
(合板1.5センチ)
(椅子2脚)
(角のクッション材)
(両面テープ)


最安値バージョンなら5000円程度で揃えられます。
上位版はうまくやりくりすれば総額1万5千くらいでいけるでしょう。


まずは最安値バージョンです。

合板をDIYショップで購入。表面に凹凸がすごいものもあるので
そこは品を見定めてください。
凸凹しているの避けましょう。
それを180×55センチで切ってもらいましょう。
角は出したままです。
CIMG0171.jpg

ネル素材の生地は合板を覆えるくらいの大きさのものを用意します。
合板から+片側10センチくらいの大きさで裁断。
端の処理は必要ありません。
CIMG0173.jpg

ネル素材を起毛側が下になるようにして広げます。
その上に合板を置きます。
生地を合板を包むように織り込んでいきます。
固定には平画鋲で押さえていきます。
CIMG0176.jpg
CIMG0177.jpg

ひっくり返してネル生地にシワが出てないか確認します。
これで完成です。
CIMG0178.jpg
作業するときは地面に置く感じでの作業となります。


私は常設の机として兼用するのでここに手を加えていきます。
仮に上位版としましょう。

まず土台となる椅子を2つ用意します。
椅子と書きましたがカラーボックスでもいいし頑丈なダンボールだっていいんです。
必要なのは高さが同じ丈夫な土台を2つということです。

合板は2枚。
中空になるのでその補強とネル生地がたるんで引っ掛けないための2枚重ねです。
薄い方で先程の工程をします。
椅子の上に厚い合板を置きます。
その上にネル生地を張った薄い合板を置きます。
CIMG0180.jpg
CIMG0181.jpg

角が危ないので下の厚い合板の角にクッション剤を貼ります。
両面テープで貼る程度で十分。
CIMG0184.jpg
これで上位版の完成です。

大きいものなので使わないと邪魔でしかないんですが、
実は必須なものだったりします。
素材を軽くしたり、取手をつけてみたりと、片付けやすいように工夫したり
今回書いたものはあくまで最低限のことで、他にも工夫の余地があると思います。
これを基礎として自分の部屋にあったアレンジをしてみるのもいいでしょう。
つか、いい方法があったら教えてほしいです。
身長よりでかい板が部屋を専有しているのはなかなかの圧迫感ですからね。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks