珠礼堂

行動力上昇手助け日記

初レース「秋ヶ瀬バイクロア4」

都内からであれば一番行きやすいシクロクロスレース
秋ヶ瀬バイクロアです。
なんせ荒サイ使えば信号無しですからね。
ありがたい場所でいいレースやってくれます。


毎年観戦で顔を出してるこちらのレース。
とうとう私もレースデビューしてみました。
せっかくカラミータのシクロクロスバイク持ってるわけですし
街乗りだけではもったいないかなと一念発起。
競技としても一人でなんとかなるレースなので参加しやすいです。
DSC00033.jpg
DSC00036.jpg

種目はノーマルの初心者向けファンクラス。
目標はとにかく怪我なく落車せずの完走です。
結果は成功。落車もせずになんとか走れました。
1,2位の人には追いぬかれてしまいましたが
それでも5周規定どおりになんとかなりました。
DSC00046.jpg
DSC00051.jpg

やはり走ってなんぼ、色々見えたものがありました。
事前に飛び乗り、降車法などは練習してたのですが、
問題はカーブ。
以前からロードでもカーブは苦手な部分
今回それが顕著に出た感じです。
次に向けての問題点が見えたことはうれしいところ。
やはり実際走ることで見えるものがあるというのは多くの人の言葉どうりでした。
DSC09954.jpg
DSC09959.jpg
DSC09967.jpg

短期決戦でお気軽な気持ちで参加できたのは
バイクロアならではなのか、
それともシクロクロス全体でなのか。
今度は日程合えば他にもチャレンジしてみるかも。
スポンサーサイト

二の酉という広告塔

今年は二の酉で打ち止めです。
三の酉まであると火事が多いなんてことをいいますが、
油断大敵、二の酉までだって火事は多いもの。
すぐに消火できるようにしておかないと。

DSC09818.jpg
DSC09828.jpg

ともかくの二の酉です。
今回はいつもの午前0時参拝。
昼間を除けば一番楽に見られる時間です。
ですが、それは平日であればのお話。
今年は3連休初日ということで、
このまま雪崩れ込み深夜コースが多いのでしょう。
参拝までえらく時間かかり、その後も人が引く気配無し。
曜日と気候によってはっきり違いが見えます。
DSC09845.jpg
DSC09890.jpg
DSC09810.jpg

さて、そんな酉の市
店に掲げられる売約済みの札。
その店の格を見せる意味もありますが
これって普通に広告なんですよね。
今では色々媒体あるけど、
昔はこういう市で自分の店の名を売っていたのでしょう。
大きな熊手に自分の店の名前
それこそ絶好の広告媒体です。
そう思うと字がうまい店を判断基準にするっていうのもあるんでしょうね。
DSC09789.jpg
DSC09790.jpg
DSC09813.jpg

Japan Adult Expo

今や風俗業界も窮地
それはリアルな風俗店のみならず、
アダルトビデオ業界も例外ではないようです。
そんなアダルトビデオメーカーが団結して動き出しました。
それが今回開催されたJapan Adult Expo。

場所はZeppトーキョー
手狭な面は行った人の多くが感じたところでしょうが
どうやら内容と趣旨を説明して貸してくれたのがここだけだったようです。
海外ではこういったイベントは広い会場で行われるものですが
ここでも世間体を気にする日本人の性への嫌悪感が見てとれます。

低俗と蔑まれ、忌むべきものとされてしまうAVですが、
私はそうは思っていません。
男性の性処理の道具と言われるのは主たる部分ですが、
これもまたエンターテインメントの一翼であり
多様な映像作品業界とも言えるのではないでしょうか。
また、小規模ながら今では女性向け作品など、
性の知識、恋愛への意識誘導など
大切は性意識向上の助けになる面を内包している分野でもあります。
まだまだ変化可能な分野、社会貢献にも寄与できる分野なのではないでしょうか。
CIMG2186.jpg

ですが、そういった発展の可能性ある場も
多種多様な個別主義の台頭で伸び悩む部分もあるようで、
だからこそ業界大手が動き、もっとリアルのある現場を、
告知する手段の場を創りだそうとしています。
それが今回のイベントの契機となったのでしょう。
CIMG2192.jpg

そんなイベント、メインはやはりAV女優さん
これは仕方がないことです。
来客ユーザーのメインターゲットもここだと思うので。
ですが、私はやはり不満です。
それは先ほど書いた社会貢献の部分
入場配布物にはコンドームが無く、男性用オナホとチラシでした。
また展示もそういったグッズメーカーが少なく、ビデオが大半であること。
これでは今までの延長でしかありません。
このイベントに必要なキーワードは「女性ユーザー」であるべきだったのでないか
帰宅中に思ったことです。
女性やカップルにも楽しんでもらう要素が少なく、
これでは新たなユーザーへのアピールができず
既存ユーザーをメーカー間で取り合うだけになってしまいます。
CIMG2305.jpg

例えば、衣装や道具をブースのメインとして、
その紹介にこそ女優さんが率先して立ってもらえばまた違う販路があるのではないか。
異業種というわけではないんですから
もっと対等な協力関係を作れば絶対違った方向性も見えてくるはず。
そこには今はいないユーザーの新たな構築もできることでしょう。
まだ始まったばかりのイベント
多くを求めるには内外色々な面から大きく立ちはだかる障害はあるところですが
それでも続ければきっと面白いことができるのではないか。
今の映像とは違ったジャンルも生まれるのではないか。
そういった期待も含めて続いてくれればと願うばかりです。

終盤の一の酉

酉の市。
別名「24時間耐久自主制作熊手即売会」
別名「エクストリーム歳の市」
他の市は日の出から日の入りなのに対して
何故、この市だけ24時間耐久なんでしょうね?
私、気になります!

毎年午前0時参拝を恒例としていたのですが
今年はその前の3日間が過酷なスケジュールで
残念ながら終了2時間前の22時ごろに参拝。
いつもと時間が違うので、雰囲気もちょっと違います。
いつもの時間なら隙間なく並べられてる熊手も
終了時間が近づいているので隙間が目立ちます。
それだけ買った人が居て、それだけ景気も良い証拠とも言えます。
露店の皆さんも疲労の色が濃く、エクストリームも佳境なのが見て取れます。
声を出し、交渉して、3本締めをする。
それがずっと続くんですから相当の体力と気力を消耗するでしょう。
相手の商売繁盛を祈りつつひたすらのご商売
今年は二の酉までですけど、これが三の酉までと考えると
あまりいい想像はできません。
DSC09736.jpg
DSC09743.jpg
ということで次回二の酉は22日。
三連休初日の土曜日。
人の流れは平日の比ではありません。
きっと思うでしょう「一の酉で済ませておけばよかった」と。
参拝だけで何時間待つことになるのか。
歩くのにどれだけの牛歩になるのか。
今度は買い手もエクストリームです。
せめて雨でないことを祈るばかりです。
DSC09755.jpg
DSC09781.jpg

弘前ねぷた浅草まつり

弘前との提携があるようで、ここ毎年浅草ではねぷたが練り歩きます。
ねぷた、今年は大変でしたね。
祭りでは時としてそういうこともあるという認識ですが
無いにこしたことはないわけで
現場の感情と良識って地方にいけばいくほどその差はあるのかもしれません。
あと個人の責任というものをひどく低く考えてますよね。
そういうことは起きるということ
けど実際起きたらすべての責任は主催が追わないといけない。
それでは何もかもがうまくいかないのではと思うこともあります。
保護と保全は違うものなのに。

CIMG2122.jpg
CIMG2137.jpg
それはさておきのねぷたです。
昼間もやっていたようですが、
やはりねぷたは夕方から夜にかけてが本領発揮となります。
撮影はひどく難しいですけどね。
ねぷたに合わせれば周りは暗くなるし
周りの光量にあわせればねぷたの色彩が消える。
コンデジはここらが限界です。
CIMG2141.jpg
CIMG2161.jpg

デザインフェスタ2014

デザインフェスタ。
来たのも久々です。
春ころのは毎年三社祭と同日で来られるのは秋だけ。
けどここ数年来られなかったので2年ぶりでしょうか。
刺激と構想を思いつくにはいい場所です。
行き詰まってるとどうしてもイメージが欲しくなります。
それはまったく別のものだったり
同じようなものの違う人が作ったものだったり
それらが混在して1つのイベントに納められている。
何かを作りたいという人にとっては先達がいっぱいいる場所です。

デザフェスのいいところはアマチュアなところ。
東京デザイナーズウィークがそれで食べていこうと真剣な人が多いイメージ
デザインフェスタは本業があり趣味で具現化しているイメージ
もちろんそうでない人も多いですが
そういう雰囲気があるのもまた事実ではないでしょうか。
ならはこそ、創作意欲としてはこちらの方が親近感があり
チャレンジできるのではというものも見えてきます。
そういうところが大好きです。
DSC09598.jpg
DSC09581.jpg
またここでは流行りの兆し、データ収集もしやすく
その面でも世相を反映させた感覚を肌で感じる場でもあります。
よく見えたのはLINE。
自分の絵がスタンプにできるようになったおかげで
そこに投稿している人たちの宣伝がよく見られました。
自分の絵を多くの人に認知してもらえる場として最高峰かもしれません。
pixivとは違ったイラストレーターの競争の場となっているのですね。
DSC09607.jpg
DSC09613.jpg
全体で見ると
淡い色を使ったロリ系衣装。
狐もの。
この2つがよく目に入った印象です。
色のイメージで感じると人々の感じている景気もいいのかなとも思えます。

新しいものもあれば以前と変わらないところもある。
昔ほど助けを必要としていないことと、
作るペースが衰えていることもあって
次回行くかというと考えてしまいますが
また機会があるようだったらオンリーワンを探しに行きたいところです。

サイクルモード2014

サイクルモードとはカタログを一挙に集めるイベントのことです。
試乗できるというけどおすすめはしません。
サイクルモードに来られるくらいの関東近県に住んでいるなら、
路上で試乗できるイベントは小売店でけっこうやります。
そっちの方が安全だしじっくり乗れます。

サイクルモードとはパーツの現物を見るイベントです。
もうスポーツバイクを持ってるならむしろ見て欲しいのはバーツです。
おしりが痛いからサドルを変えたい。
今度ビンディングシューズを買いたい。
ローラー台が欲しい。
そんな人は是非行った方がいい。
もうそういうイベントです。

サイクルモードはちょっと残念なイベントです。
人気のあるフレームメーカー大手が軒並み撤退で
変革無くしてこのイベント、数年後には立ち行かなくなるんだろう感は凄まじいです。
今はいいんですよ。
色々な副産物でブームな感じがあるから。
呼ばなくても来てくれる。
けどこれが下火になったらどれだけが継続して来るのか。
ホントは今が変革するのにいいんですけどね。
だって新規ユーザーにアピールできるじゃないですか。
こういう部分ってすごく難しいのはわかります。
そして自転車業界そのものは職人気質であって
営業的資質には向かないところがあるということもわかるんです。
だからこそのマッチングイベントという面も作らないといけないのに。
仲介役をするような人材はどこも不作です。

というお固い話はまぁそこまでで。
一応一台乗りました。
JPグループが急遽取り扱いを決めたグレッグレモン。
クロモリフレームのレトロカラーです。

CIMG2078.jpg
素材はレイノルズ853
今、私が乗ってるのと同じ素材なので
乗り味に違いがあるのか、いい機会です。
結果としてはやはり素材が同じならさほどの差は感じない。
むしろ同じ素材だからホイールの差を感じようにも思えます。
やっぱいいホイールはすべてを変えますね。

サイクルモードは日曜まで開催。
ホント試乗はおすすめしません。
サドル測定、シューズ測定、洗浄講座、輪行講座、ローラー台試乗
そういうところを是非参加してください。

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks