珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2014湯島天満宮大祭]本社神輿渡御

湯島天神本社神輿は今年、1年間の改修工事を終えて
真新しい姿がお披露目されての渡御。
湯島といえばやはり男坂があるように急坂の上にあり
神輿もその上りをクリアするのは容易ではありません。
ここがある意味見どころといえます。

あと気になるのが先日の五條天神社と渡御がクロスするということ。
地域が渡御でかぶってるイメージ。
なんでこうなってるんでしょう?
どっちの建立が先だったのか。例大祭の歴史は?加護の地域とは?
何か由来とかすごく気になる上野周辺です。



140526-02.jpg

140526-03.jpg

140526-04.jpg

140526-05.jpg

140526-06.jpg

140526-07.jpg

140526-08.jpg
スポンサーサイト

[2014五条天神大祭]本社神輿渡御

上野公園内にある医薬の祖神とされる五條天神社。
大祭で神輿が出るのは3年に一度。
ここの神輿は千貫神輿で町中路地とかでみるととにかくでかい。
担ぎ手も後半はへろへろになる手強い神輿です。



140525-02.jpg

140525-03.jpg

140525-04.jpg

140525-05.jpg

140525-06.jpg

140525-07.jpg

140525-08.jpg

140525-09.jpg


[2014湯島天満宮大祭]神幸祭渡御」

三社終わって勢いづいたので湯島天満宮です。
菅原道真公を崇める学問祈願の東京総本山という感じで紹介もされます。
土曜は本社神輿を担ぎではなく山車として引き回す神幸祭
日曜には渡御があります。
多分行くのは無理かな。



140524-02.jpg

140524-03.jpg

140524-04.jpg

140524-05.jpg

140524-06.jpg

140524-07.jpg

140524-08.jpg


三社祭総括

以上、今年の三社祭でした。

今回はとにかく晴天。晴れも大晴れです。
雨は御霊入れの時にポツリとだけ。
雨が降ったらと考えるだけで死亡フラグなのでホントいい三社になりました。


撮影に関してはペースを考えて1町会の渡御撮影
連続はせずに一度休憩というペースを順守
というかそうしたないと身体が持たない。
結果、身体的にはなんとかなりました。
いつもより撮影できる町会は少なくなるけどこれがいいかもしれません。
それと今回その休憩の間に撮影した写真を即座にプリントアウト。
町会神酒所に行きお渡しするというのを数枚してみました。
いつもネットに公開するだけで本人に届かないことが歯がゆかったので
これもセブンイレブンさまさまです。
ローソンはUSBメモリかスマホの2択なんでどうにかしてください。
ファミマはどうなのか今度調べよう。

個人的なお願いというかワンポイントアドバイス。
撮影の時は足袋を履きましょう。
神輿に近寄って撮影したいのであれば最低限の装備として足袋は必須です。
これは担ぎ手へ怪我をさせては本末転倒。
そういうところだけでも配慮すべきものと思ってます。
それにその方が楽なのになぁってよく思います。
いい絵を取りたいければそれなりのことはしないとね。
達人はあとレンタルサイクルを活用してました。
これだけ広範囲だとそれはいい手段です。
私も自転車無しでは不可能な移動範囲ですから。

来年はどうしましょう。
やはりどこかの町会にべったりというのもやってみたいことではあるんですけど。
あと面白みがどこまで表現できるかわからないけど浅草神社に常駐とか。
渡御中、三社様ではどんなことが起きているのかとか面白そうです。
それらの方が絶対楽なんですよ。
ただこういったいろいろな町会を見て回るのもまた楽しみ。
難しい選択肢だとよく悩みます。
まぁツテ無くばのぼやきは毎年ですね。
DSC04246.jpg

[2014三社祭]三之宮「聖天町会」

聖天町会


140523-12.jpg

140523-13.jpg

140523-14.jpg

140523-15.jpg

140523-16.jpg

140523-17.jpg

140523-18.jpg

140523-19.jpg

[2014三社祭]一之宮「堤町会」

堤町会


140523-02.jpg

140523-03.jpg

140523-04.jpg

140523-05.jpg

140523-06.jpg

140523-07.jpg

140523-08.jpg

140523-09.jpg

140523-10.jpg

[2014三社祭]二之宮「西浅草一町会」

西浅草一町会



140522-10.jpg

140522-11.jpg

140522-12.jpg

140522-13.jpg

140522-14.jpg

[2014三社祭]一之宮「西浅三北町会」

西浅三北町会


140522-02.jpg

140522-03.jpg

140522-04.jpg

140522-05.jpg

[2014三社祭]二之宮「浅草西町会」

浅草西町会


140521-21.jpg

140521-22.jpg

140521-23.jpg

140521-24.jpg

[2014三社祭]一之宮「芝崎西町会」

芝崎西町会


140521-11.jpg

140521-12.jpg

140521-13.jpg

140521-14.jpg

[2014三社祭]一之宮「芝崎東町会」

日付変わってここからは本社神輿の渡御です。
まずは芝崎東町会


140521-02.jpg

140521-03.jpg

140521-04.jpg

140521-05.jpg

[2014三社祭]町内神輿連合渡御「聖天町会」

聖天町会



140520-22.jpg

140520-23.jpg

140520-24.jpg

140520-25.jpg

[2014三社祭]町内神輿連合渡御「花川戸一町会」

花川戸一町会


140520-11.jpg

140520-12.jpg

140520-13.jpg

140520-14.jpg

140520-15.jpg

140520-16.jpg

140520-17.jpg

[2014三社祭]町内神輿連合渡御「雷門中部町会」

雷門中部町会



140520-02.jpg

140520-04.jpg

140520-05.jpg

140520-06.jpg

[2014三社祭]町内神輿連合渡御「芝崎中町会」

芝崎中町会



140519-22.jpg

140519-23.jpg

140519-24.jpg

140519-25.jpg

140519-26.jpg


[2014三社祭]町内神輿連合渡御「千一南町会」

千一南町会



140519-11.jpg

140519-12.jpg

140519-13.jpg

140519-14.jpg

140519-15.jpg

140519-16.jpg

[2014三社祭]町内神輿連合渡御「堤町会」

さかのぼって町会神輿連合渡御から始めます。
まずは堤町会。


140519-02.jpg

140519-03.jpg

140519-04.jpg

140519-05.jpg

140519-06.jpg

140519-07.jpg

140519-08.jpg

140519-09.jpg

[2014三社祭]本社神輿神霊返しの儀

先ほど三社祭最後の祭事神輿に移した神様を本殿に戻す
本社神輿神霊返しの儀が終わり、これですべて終わりました。
まぁいつもどおりの時間というところでしょうか。
あと思ったより人が多いですね。
やはり気候のせいでしょうか?
また来年もいつものような三社が行われることを。
渡御関係の写真は明日からドバっという感じで。


140518-2.jpg
140518-3.jpg
140518-4.jpg
140518-6.jpg

[2014三社祭]本社神輿蔵出し

多くの町会が宵宮終わるころ。
ひっそりと神社では明日の準備が進みます。
その1つがこの本社神輿の蔵出し。
さすがに蔵の中から町会に担がせたのでは確実に壊れます。
なので関係者の皆さんで参道まで出すということ。
ここが唯一ご奉仕ししている関係者さんが神輿を担げる場所とも言えます。
「あんな重いのこれだけで担ぐの嫌だよ」「あと2基もあるのかよー」とぼやきつつも皆笑顔です。
なんだかんだいっても神輿大好き軍団ですね。

140517-02.jpg
140517-03.jpg
140517-04.jpg
140517-05.jpg
140517-06.jpg
140517-07.jpg
140517-08.jpg
140517-09.jpg
140517-10.jpg
さぁ明日から大本命、本社神輿渡御です。


[2014三社祭]町会神輿神霊入れの儀

本社神輿だけが三社にあらず。
町会こぞって自分の神輿があります。
それにそれぞれ神霊を分け、宿らせる「町会神輿神霊入れの儀」です。
神輿を全部持ってきてというのは無理なので役員こぞってお祓いを受けて持ち帰るというわけです。
これが終わって早速宵宮として神輿を出す町会もあります。
三社は3日間神輿が見られるというわけです。

140516-2.jpg
140516-3.jpg
140516-4.jpg
140516-5.jpg

[2014三社祭]神霊入れの儀

とうとう一年で一番危険で体力を必要とする日が来ました。
正直まだテンションがあげられません。
誰かカメラマンいりません?
ということで三社祭です。
今年も体力を考えつつ追いかけられればと思っています。

さて、そんな最初の祭事、本社神輿への神霊入れの儀が行われました。
これで本体は神輿の中です。
さてどうなることか。今年も安全ないい神輿になることを。

140515-3.jpg
140515-4.jpg
140515-5.jpg
150515-8.jpg

[2014]下谷神社例大祭

下谷神社は本祭なので千貫神輿が登場です。
そして下町最初の祭りとしても人気があります。
すべては無理だったので午前中にちょっとだけ。

にしてもテンションが本気まで上がりません。
どうしましょう?三社。
なんか上げる方法ください。


140512-02.jpg
140512-03.jpg
140512-04.jpg
140512-05.jpg
140512-06.jpg
140512-07.jpg
140512-08.jpg
140512-09.jpg

いざ、箱根入り口(実は先っちょだけ)

ロングライドです。今回も200キロです。
GWは混雑すごかったんでやはりその後に走るのが正解です。
仕事無いからというツッコミもありそうだけど気にしない。

さて、今回の200キロは南下
かの有名なトラック攻撃が怖い国道1号を攻めます。
当初は鎌倉経由かと思ってたんですけど
よく考えらた直線的には国道1号の方が距離短いと思っていきなり変更。
どこまでいくと片道100キロなのか試してみました。

そして辿り着いた箱根。


予想だにしていなかった展開。
まさか折り返し100キロが最難関地点だったとは。
単独で箱根超えならともかく100キロ走ってから箱根
そして復路とか考えただけで嫌です。まだやりたくない。
今回はあくまで200キロ錬という意識を持って
箱根峠は中腹、大平台直前あたり。
140511-1.jpg

弱虫ペダルでもスイスイ走りやがるあの場所です。
こちとらもう無理っショでした。
いや、やれたとは思うけどやったら帰れない。足が売り切れる。
なので次回待ってろ箱根峠ってことで。
あと数回峠前まで慣れるか、輪行覚悟で箱根超えして静岡かですね。
やれないことはないとわかっただけでも収穫でした。

あと今回の教訓。
ロングライドにおいて一番重要なのは脚力でも精神力でもなく
丈夫な胃腸!!
体幹で最後がんばろうとしたけど腹に力入らずヘタれました。
今後は胃腸の強化も考えないといけませんね。

東京-箱根中腹(大平台直前)-東京
走行距離・211キロ
走行時間・9時間4分

コスホリックの可能性



GWにコスホリックという同人誌即売会行ったんですよ。
具体的にはコスROMと言われるジャンル。
コスプレをした人たちが収録されてるメディア媒体を売るというもの。
けっこうアダルト寄りのもので、未成年厳禁という珍しい即売会です。
これが今の時代の即売会に対する
新たな1つの方向性を見せてくれていると以前から思っていました。

まず年齢を限定することで他では販売が難しいジャンルの販路拡大。
大規模即売会ではすべてを受け入れる代わりにきわどい性描写などは販売不可。
であるなら18禁とされる販売物を売る場所は限られます。
それはそのジャンルの衰退を意味するもので
ネット全盛であっても即売会の本質は直接販売の醍醐味。
そういった隙間を埋める形態として
コスホリックは最前線で戦う最高峰のフラグシップ特定ジャンルイベントと言えます。

またこのコスホリック含めてコスROM即売会特有のものが商品を買った人への撮影会。
おまけ商法と言われればそれまでだけど、昨今の同人誌販売方法において
とらのあななどの店舗委託販売が拡大している影響か
オンリーの即売会に足を運ぶ率が低くなってる状況もあり
むしろこういった現地での付加価値を追加することは
今後の即売会においての1つの手段として見習うべき点があると考えたいものです。

これには業界も目をつけていて
プロのAV女優も出店しています。
このように同人と企業の垣根が薄くなっていくのは確かに危険もありますが
同時に認知という点ではもっと協力して
業界全体を持ち上げられることも可能になっていくかもしれません。
個人では難しいことが協賛・協力を得ることでやれることも多くなるでしょう。
これがエイズ啓発や性病への正しい知識を得られるような
ちょっと真剣ななものライトな感覚で向き合える場の提供ともなると思うんです。
そこから認知を高めることだって可能でしょう。

賛否両論あるところもわかってはいますが
それでも私はコスホリックの意識の挑戦は大変素晴らしいものだと思っています。
他のイベントではできないことをやろうとする。場所を提供する。
その挑戦は続きます。
「見せない知らせない世界」ではなく、「知るこができる場所がある世界」
私はそんな同人業界であってほしいと思います。

都産貿台東館は使えません。

昨日は江ノ島までライド。
今日は都内を色々。
GWはありがたいけどやはり観光地はどこも混みあいすぎてて身動きも難しい。
GW開けたらもっと遠くへ行きたいもんです。



多くの同人イベントが恩恵に預かった場所の1つ。
東京都立産業貿易センター台東館はただ今工事中。
なくなるわけじゃないんですけど使えません。
いろいろなイベントで入ることも多かったのでちょっと残念です。
完成再開は来年3月予定
140504-3.jpg
140504-2.jpg
そういえばここに常設の歌舞伎小屋なんて計画もあったんですけどね。
計画当時は無理だろうと思ったことも、今はありじゃない?とか思うことも。
本家歌舞伎座を見ると3フロアくらいを歌舞伎小屋とさせて
上層階にホールみたいなこともできたのかもなって。
まぁ浅草寺近くにそんな高層ビル建ったらまず大論争ですけど。
とにかくも個人的に一番近いイベントホールなんで復帰が待たれます。
そうしないと三社やサンバとかの準備施設もないわけですから。
つか都産貿浜松町よりこっちメインにしてほしい。
140504-1.jpg

 | HOME | 

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。