珠礼堂

行動力上昇手助け日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻孔拡張テープ

風邪っぴき中です。
早めの処置で病院のお世話になるまでには至ってないですけど
色々とやれていないことがあって辛いです。

私は鼻が弱く、体調不良になると鼻の故障がまず出てきます。
そんな時の助けがこれ。鼻孔を広げるテープ器具です。
左がブリーズライト。右がマツモトキヨシPBブランド品。
今回は初めて右の奴を使ったのでそのお話。


内容量・ブリーズライトが8枚入り、マツキヨが20枚入り。
価格・ブリーズライトが約600円、マツキヨが約400円。
コスパとしては圧倒的にマツキヨ優勢といえるでしょう。
さすがは後発、ブリーズライトに勝ち目なしと思えます。
ですが、使い心地の点でいえば、ブリーズライトを勧めます。
1つは素材
マツキヨはスプリング材が硬すぎなのか、付けた時に痛いことがあります。
これは時々なので貼った位置が悪いということもあるでしょう。
対してブリーズライトはそういった傷みの感覚をあまり感じたことがありません。
もう1つが粘着性。
通常生活で使う分にはさほど差は無いのですが、
汗などをかいた時にはマツキヨはすぐ剥がれてしまいます。
スポーツなどでは使い物にならないと言っていいでしょう。

風邪などで動けず、鼻づまりがひどい時ならマツキヨを。
スポーツなどで鼻呼吸を入れたいという時にはブリーズライトを。
つまりは価格なりの出来だから通常と本番で使い分けてねって結論です。
結論としてはブリーズライト、もっと安くなってください。
スポンサーサイト

雷門工事終わり

浅草雷門。
言わずと知れた浅草の玄関。最も象徴的な日本の門です。
少し前に工事が行われいてずっと囲われて見えない状態でした。
その光景は、誰が言ったか
「テクスチャーを貼り損なって処理をしくじったようだ」と言われていました。
それも年末に終わり、年始の初詣では参拝客にその姿をしっかり見せることができていました。


あの工事はメンテと本殿同様、瓦をチタンにしたのかもしれません。
見た目じゃわからないんですよね。
とにかくもこれで2020年も安心の浅草寺です。

正月宗教大戦

浅草寺参道のスタート地点雷門。
その前の雷門通りは正月三が日は車両通行止め。
浅草寺の参拝客の多さを考えると
ここが歩行者天国になるのは当然ですし
道路を歩けるのはやはり楽しいものです。

そんな歩行者天国で、例年見られる光景です。


仏教の浅草寺、その本殿の横には神道の浅草神社。
そしてこのキリスト教布教の看板群。
ちなみに写真に見える雷おこしの店には、
イスラム教のハラール祝品が販売されています。
さしずめこれはもうスーパー宗教大戦というところでしょう。

海外ではこれってできるんですかね?
なんせ他宗教のお膝元で、他宗教の勧誘をしようとしているわけですから。
普通なら殺されたって自業自得と言われるんじゃないでしょうか。
実に宗教に寛容というか鈍感というか。
他国が宗教を心の拠り所にしているのに対して
なぜに日本はここまで明確な宗教を無くしていったんでしょうね。
不思議です。

初詣

明けましておめでとうございます。
戌年です。
あまり気にするものじゃないですね。
2018年です。
これはどうでもいいですね。
今年で私は44歳です。
これはちょっと重要かもしれませんね。
いや、やはりどうでもいいかな?
どんな年になるのやらです。

さて、毎年初詣は正月午前中に浅草神社で済ませます。
この時間だとよく出てくるあの大混雑も避けられるんですよね。
三社様は境内内で収まってるし、10分も経たずで終わらせられます。
ちなみに浅草寺も宝蔵門すらくぐる必要もなく楽勝の参拝です。
CIMG4311.jpg
 
CIMG4309.jpg

CIMG4313.jpg

にしてもなんでわざわざ並んで参拝なんですかねぇ。
三社様は参道に並ばなくても横からすぐに参拝していいんですよって
アナウンスも流れているし、それでいいと思うんですけどね。
何故か並んでしまいます。これが日本人ってやつなんでしょうか。
そもそも宗教を信奉してないのに、
こんな時だけ参拝という時点でなんだかなって思うところもあるんですが。
あ、考えると宗教を信奉しているってどういう状態なんでしょうね?
それすらよくわかりません。

まぁそんなわけで初詣も終わったのでダラダラ正月の始まりです。
今年は日取りがよくないので4日から仕事という人も多いようです。
かくいう私もその一人です。
休みは連休と変わらない2018年の正月。
あまり変化させずに過ごすとしましょう。

ワンダーフェスティバル2017 Summer

暑い盛りに早朝並ぶのがホントに嫌なワンダーフェスティバルです。

けど今年は曇りだったので大分楽でした。

日焼けを気にしないでジッと待てるのはいいことです。


列に並ぶのが2時間ほどで入れるようになったワンフェス。

つまり8時半に並んでも10時半にはもう館内です。

それでも全部回るのには時間が足りません。

後半になると焦りも出て、疲れてもくるから見逃しているものもいっぱい。

時には撮影をしないでじっくり見たいという心も出てくるようになりました。

こういうイベントはテクニックを直接聞けるという醍醐味がありますから

そういう時間を楽しめたらとこのごろ思います。

道具も欲しいし、パーツも漁りたい。話をしながら自分のアイデアの刺激も欲しい。

ワンフェスに限らず、こういった製作者との対面販売の面白みってそこですよね。

けど、やはり撮影も楽しいからやめられないんですけど。


そんなテクニックの話で一つ感じたのは制作プロセスの進化です。

数年前から本格的に導入する人が増えた3Dキット製作ソフト。

ソフトを使って雛形や、ダイレクトに作品を作ったりしています。

これはソフトの扱いに慣れ、浸透し、意見交換で昇華されている証拠でしょう。

おかげで制作速度と精度の効率化が進み、出る頻度が多くなっているように感じます。

面白いのは、その相乗効果で既存も制作機材の需要も高まっているようだということ。

以前に比べてカッターやヤスリ、素材ディーラーの出店が多くなっている印象があります。

一見すると未来は明るいようですが、まだまだ難関もあります。

それが塗装です。素材が良くても完成にはやはり塗装が必要です。

ここで尻込みしている人も多いのは、現在、完成品が多く売れる現状を見ても明らかでししょう。

塗装の簡略化、もしくは失敗時の補正テクニックの確立ができた時、

ガレージキットの需要は一気に高まるように思えます。


そんなまだまだ高みがあって、その到達には案外近いものだと確信している、

いや、確信できた今回のワンダーフェスティバル。

話は長くなりましたが、今回の写真です。

実は機材を改造したら、それが大失敗で。今回、色がいつも以上におかしいです。

ホント自分のテクニックに落胆です。

現在、カメラ沼から出ているんですけど、こういう失敗があるとまた沼に入りそうで怖いです。

そんなわけで画像置き場は こちら 


ではまた冬に。

 | HOME |  »

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。