FC2ブログ

珠礼堂

行動力上昇手助け日記

アルビオン見学会

アルビオンが晴海埠頭に寄港したので見てきました。
アルビオンはご存知地球連邦軍所属ペガサス級強襲揚陸艦の7番艦で
一年戦争後のガンダム開発計画の一環として、
一号機及び二号機の受領を行う予定だったが、
ジオン軍残党の二号機強奪により、その追跡と奪還が任務となり
デーラズフリートのコロニー落とし作戦において活躍した戦艦です。
はい、長々とネタに付き合ってありがとうございました。
ガンダム0083は大好物です。ガトー最高、ニナ・パープルトンはガンダム史上最高の悪女です。

さて、最初に戻しましょう。
アルビオンは英国海軍所属のドック型輸送揚陸艦。
揚陸艇を搭載し、トラックや戦車などを載せて、海上から陸に上陸させるために使用されます。
搭載されるものは違えど、用途としてはガンダムのアルビオンに親しいですね。
海外の艦艇の中で見られる、それも都心でというのは
大変珍しいチャンスといえるでしょう。
CIMG5320.jpg
CIMG5283.jpg
CIMG5298.jpg

隣に日本の掃海母艦うらがも停泊、見学できたので、
同日二艦を比較するような感じもできたのですが
国違えば同じ道具もまた違うという感じでした。
ドアノブ、窓、階段。どれもまったく違ったデザイン。
どちらがいいというものではありませんが
こうも違いがあるのだなという比較は大変おもしろかったです。
まぁ、どうしてもアルビオンの方が工業製品としての美しさを感じました。
これは憧れなのかもしれませんけどね。
だって国旗のマストトップに王冠とか、そんなんどうしたってキュンとしちゃいますよ。
CIMG5303.jpg
CIMG5295.jpg
CIMG5301_20180807165843483.jpg

軍艦見学など久しぶり、それも海外艦艇は初なので大変刺激を頂いたんですが
同時に、これが人を殺すために使われずに、別の役目を持って動くなら、
それはホントに素晴らしいものなんだろうという思いもあるんです。
もしこれが大災害時にその能力を最大限活用するような
そんな意味を持ったものであれば、誰もが望み愛されるものなんだろうと。
もちろん今の役目の重要です。
それは理解しているんです。
だけど、自国民を守るために他者を虐げるのではなく
自国民の生命を守るために活動するのを主題としたら
きっと、多くの人を救うことに役立つんだろうと。
こういう見学会があるとそんな思いをすることがあるんです。
CIMG5314.jpg 
CIMG5302.jpg

兵器という括りに捕らわれている物、軍艦。
それでも所詮は物です。そこにある車両はかっこいいし
そこで働く人達はすごくかっこよかったです。
こうやって見られる機会があるのは嬉しかったです。
レインボーブリッジのおかげで超弩級豪華客船は晴海に寄港できないんで
また軍艦が寄港して見学公開してくれると、
子供たちも日記に書けることが増えるので
是非、夏の特別公開ってことで恒例化してほしいです。
最後に「英国のレーションは美味かった」



スポンサーサイト

ワンダーフェスティバル2018Summer

さぁコミケ間近です。
進捗どうですかぁぁぁ~!
私は「そんなことよりワンフェスだ」です。
本を出すわけでもないし、進捗とかどうでもいいんです。
ワンフェスはただフィギュアと撮影するだけです。

さて、今回のワンフェスの印象。
アニメやゲーム、漫画などの流行りはFGOが強いなという印象でした。
たぶん。
やってないんで、これはFGOなんだろうなっていう推測なのも多いんですが。
新しいキャラも続々入ってくるし、
作りたくなる衝動は継続的に現れるのが長く愛されている要因でしょうか。
もしくは作りたい作品があっても版権が下りないというのがあるのかもしれません。
仮にすべての版権が許諾されたら、どんなものが制作販売されるのか
興味があります。見てみたくなります。

次に全体的に気になったことですが
海外フィギュアのクオリティーが素晴らしい。
以前、台湾か中国かでワンフェスをやったという話もありますが
海外のクリエイターが作ったものの出来がほんとに素晴らしい。
正直、アイデアや題材の選定、ポージングなど、
日本のクリエイターを軽く凌駕しているとさえ感じました。
色々なものを貪欲に取り入れ、そこから学び、作り続けた成果なのかもしれません。
私はすべてのマネが悪であるとは思っていないので、
模写、模倣、なんでもまずは作ってみて、そこから得ることは大切だと思います。
問題なのはそれを他者へ売ることであり、
作ることは誰にも咎められることではないのですから。

最後に撮影ですが
今回は機材のテストに主題をおいたんです。
機材の不具合、作動不良も多く、失敗が多かったです。
やりたいことのための改善はまだまだ必要なようです。
というか、前日にカメラに破損があり、今後に不安を残すこととなりました。
大至急代替え機を考えないといけないようです。
はぁ、金が、金が、金が……。

ということで撮った写真はこちらに。

いざ、榛名湖(ハルヒルコース)

天気予報によると、来週も暑いそうで
そしていよいよ荒ぶるゲリラ豪雨も発生しやすくなるそうです。
天気予報が読めない、保証できないというのはサイクリストには最悪です。
特に山は雨が降ったら下りが大変危険ですから
そんな天候不順に入る前に走りきっておかないといけません。
そして、今回選んだ目的地は榛名湖です。
榛名湖へは複数のルートがあるんですが
ここでは人気のヒルクライムレースがあるので
そのルートを走ってみることにしました。

まずは高崎駅まで輪行。
高崎駅が起点として使えることがわかったのは大きな変化です。
そこから榛名山ヒルクライム、通称ハルヒルで使用されるルートを目指します。
しっかり調べなかったこともありますが
ハルヒルのスタート地点が考えていたより近く、坂の始まりが早かったことにまずは驚き、
その後も山だから木陰がずっと続くだろうなどと思ったら
そんなものはまったくなく、灼熱の日差しを浴びながら登らなくてはいけませんでした。
町中平坦を走るより、山の方が木陰で楽なはずという希望的観測は砕かれ、
落胆の心を持ちながら登ります。
CIMG5230.jpg

やっとこさ榛名神社に到着。
ここは初めての神社なのでゆっくり本殿まで歩いてきました。
歩いてみると、こんなところにここまでのものを作り上げたものだと感服しました。
断崖絶壁が続く細い道、岩ばかりのところに作り上げた社。
素晴らしいの一言に尽きます。
昔の人の信仰心と徳を積むという行為が成したものがこれなんだなと感じました。
いやーほんとにいい社でした。
CIMG5232.jpg
CIMG5234.jpg
CIMG5238.jpg
CIMG5243.jpg
CIMG5246.jpg

さて、ここで思考の分岐点です。
ここでやめて下るか、榛名湖まで登るか。
榛名神社で少し休めたことと、
売店で半分以上無くなってたボトルの中身の補給もできたので、
このまま榛名湖まで続行を選びました。
そしてその選択はすぐに後悔することになりました。
榛名神社後のルートは今までとは別の山です。
勾配が急激にあがり、カーブも多くなります。
山の最後にこんな豹変されたのでは、ちょっとの休憩では無理です。
4キロの登りの半分以上、歩きました。
時には負けを認めることも大事です。大事ですよね。うん大事大事。
ここがレースのコースに選ばれたのがよく分かりました。
CIMG5248.jpg 

結局何度も脚をついて休憩を入れて、やっとこさ榛名湖に到着しました。
スケキヨの足がどこかにありそうなくらいきれいな湖でした。
湖畔はきれいだけど、ハルヒルのコースは厳しいものでした。
今度は別コースを改めて調べて登ってみましょう。
もっと楽じゃないと登れません。坂なんて大嫌いだ。
CIMG5254.jpg
CIMG5256.jpg

上田ー軽井沢ー高崎ルート。

今日は何回、救急車の音を聞きましたか?
que-14174664644.png 
三連休、まだまだ暑さが厳しいようなので、
救急車のお世話にならないよう自己防衛を。

さて、暑くたって頑張って走ります。
だって晴れてるんですもん。もったいないじゃないですか。
失敗続きの江戸川から高崎、軽井沢、そして上田というルート。
このままでは埒が明かないので逆から攻めてみました。
今回は上田スタートの高崎ゴールです。

まずは新幹線で上田へ。
CIMG5211.jpg 
今回は距離も少ない予定なので、まずは上田城跡を見てきました。
もちろん天守閣などはないわけで、角の櫓が残るのみ。
本丸跡地も色々な石碑が立ってて、
長い年月、利用価値を見いだせていなかったんだというのがよく分かります。
CIMG5213.jpg
CIMG5218.jpg
CIMG5219.jpg
博物館に入ればもっと面白いものが見られたんでしょうか。
一度行けばいいかなって雰囲気でした。
まぁサマーウォーズもあるので起点にはしたいんですけどね。
CIMG5228.jpg 

上田観光もそこそこに、まずは軽井沢まで登り基調で進みます。
といってもそんなに辛い登りじゃないです。
ただ平坦ではないなっていう程度のものです。
そしてこちらからのルートで一番の利点。
碓氷峠で下りになります。
これは大きな特典でしょう。
峠を登らなくて済むとなれば、麓にある横川の峠の釜めしを食うことだって可能です。
ここの点ではこのルートはおすすめです。
ちなみに今日は脚もよく動いたので、
下ってから眼鏡橋でUターンしてもう一度登りました。
碓氷峠は終始木陰でゆるい登りなので灼熱真夏走るのには最高です。
CIMG5229.jpg

あとは高崎までずっと下り。
何事もなく、楽に到着しました。
このルートは上田で観光が可能。
碓氷峠は下りになる。
行きは新幹線、帰りは高崎線なので輪行資金が優しい。
100キロルートが走れるようになったという人にはオススメなルートです。
私にはちょっと物足りないところもあったけど
真夏は無理しないで、楽しいと思える距離で収めるのがいいんだと思います。



艦艇公開大洗ライド

長く続いたロングライド負け試合。
やっと成功させてきました。
今回は安定の大洗往復走200キロ。
大洗では自衛隊の艦艇一般公開があったので
それ目的で行ってきました。
まぁ、つまりガルパン絡みです。

朝も早く5時半に起きて
出かけたのは8時過ぎ……いや、二度寝じゃないんですよ。
起きたんだけどすぐにベッドから起きられず
飯を食ったら腹持ちが重く感じたのでゆっくりしして。
そんなこんなで出発が遅れてしまいました。
いやー、ホントに朝は弱いです。どうしても起きられません。

行きは追い風、帰りが怖いなーと思いつつ
楽しく走っていると、右太ももが心地よく涼しく感じます。
「お、これはいいぞ、いい感じだ」
と思って回していると、どんどん涼しさが増します。
なんだ?と思って見るとレーパンがパックリ大開放。
CIMG5192.jpg

なんで?買ってからまだ5回も使ってないのに。
いや、そんなことよりこれをどうする。
このまま走るのはさすがに恥ずかしい。
ユニクロ、もしくはしまむらを探さねば!
変質者が走ってると通報される前にパンツ探しミッションが急遽スタートです。
すぐさまMAPで検索。
こういう緊急事態にもすぐさま対応できる。
スマホの発明をこれほど感謝したことはありません。
調べたら3キロ先にしまむらがあるとのことで全力でしまむらへ。
しまむらはスポーツ関係の服もあるので願ったりでした。
なんとかパンツを手に入れて再び大洗にリスタートです。
CIMG5194.jpg 
と、まぁ、完走はしたけどハプニングは相変わらず襲ってきます。
ずっと祟られているように色々な障害に襲われて
茅の輪くぐりしておけばよかったなぁと思ったりも。
今回は身体的ダメージではなかったので
尻の痛みはあるものの、なんとか払拭に成功した感じがあるので、
この調子でいきたいものです。
ただ、これから本格的な暑さが来ますからねぇ。
ロングライドはしばらく休止で山錬に切り替えかな。
どこか手近な山錬場を探し中です。

そんなわけで今回得られた教訓は
「しまむらは最高。スマートフォンは革命的最重要アイテム」


目的の1つだった艦艇公開の写真も。
CIMG5200.jpg
 
CIMG5197.jpg

CIMG5202.jpg

CIMG5207.jpg
昔みたいに10式戦車が来てほしいなぁ。

そして今回最重要目的だったもの。
CIMG5210.jpg 
今年の大洗も暑くなりそうです。

 | HOME |  »

Appendix

管理人:ジャマ

管理人:ジャマ

いらっしゃいまし。
珠礼堂(じゅれいどう)へようこそ。
個人的日記ですが
日々の一役になれば幸いです。

以前使ってた場所ですが
一応残してあるので。
旧珠礼堂

Jamasanをフォローしましょう

My status
Skype名: yama3ss

FC2Ad

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks